京都おすすめ

京都の千枚漬BEST3|移住者が選ぶオススメのやつ

加藤順漬物店千枚漬

村上重本店暖簾
▲村上重本店の暖簾が素敵

京都で好きな千枚漬BEST3

こんにちは。
今回は京都の千枚漬おすすめBEST3を記事にしました。

京都には有名な漬物屋さんがたくさんあります。
そして冬の京都の漬物と言えば、千枚漬が有名です。

私はそんなに千枚漬が好きな訳ではなかったのですが、実家の両親より「京都の美味しい千枚漬を食べたい」というリクエストに応えるために漬物屋さんを巡りました。笑

そして私が見つけた答え「京都でおすすめの千枚漬」をご紹介します。

私の千枚漬BEST3

①加藤順漬物店
②村上重本店
③該当なし
おまけ:大藤etc.

加藤順漬物店外観
▲加藤順漬物店
加藤順漬物店千枚漬
▲千枚漬と壬生菜

1位:加藤順漬物店

漬物を食べて感動したのは初めてのことでした。

また千枚漬と一緒に昆布がパッケージされていて、昆布の旨みも相まって美味しさが普通の漬物よりも一つレベルが違うと思いました。
(あくまで味音痴な私の感想です。笑)

聖護院かぶらも肉厚でシャキシャキ感に溢れ、新鮮な野菜を食べているようなフレッシュさも感じました。
食べ終わった後も爽快な気持ちになりました。

「また食べたい!」「千枚漬以外の漬物ももっと食べたい!」
それくらいの衝撃を受けたお店でした。

加藤順漬物店外観
加藤順漬物店|千枚漬も肉厚でシャキシャキ感あふれるお店 ▲加藤順漬物店外観 加藤順漬物店の千枚漬は美味しくて。 こんにちは。 今回は漬物屋さんの加藤順漬物屋に行ってきました。 ...

村上重本店外観
▲村上重本店
村上重本店千枚漬と昆布
▲昆布も食べられます。

2位:村上重本店

村上重本店の千枚漬も昆布が一緒にパッケージされていて、昆布の旨みがネバっとした糸が引くくらいに溢れているのが最高に美味しいです。
1位にした加藤順漬物店さんとほぼ同レベルの美味しさに感じました。

村上重本店は四条河原町の交差点のすぐそばにお店があるおかげで、加藤順漬物店よりもお店のアクセスが良いです。
だからお土産にも、自分が漬物を食べたくなった時は加藤順漬物店より村上重本店のほうが買いやすくて便利です。

だから2位にしたけど、食べられる回数は村上重本店のほうが多くなります。。。

村上重本店暖簾
村上重本店|千枚漬は美味しくて京土産にもオススメ ▲村上重本店の店構え 村上重本店の千枚漬はまた食べたい! こんにちは。 今回は漬物屋さんの村上重本店に行ってきました。 ...

 

3位:該当なし

「該当なし」なんて生意気で怒られそうですけど、私の中で1位と2位の漬物屋さんだけで十分満足していまして、それ以外の漬物屋さんに行く必要がないと思ってしまいました。
だから3位は該当なしにしました。

あくまで今のところの話ですので、引き続き京都の漬物屋さんは巡りながら、さらに感動するお店を発見次第に更新していきます。
でもせっかくなので、他のお店もご紹介します。

千枚漬本家大藤外観
▲大藤
千枚漬大藤の千枚漬け
▲千枚漬

おまけ①大藤

大藤は千枚漬を発明した歴史ある老舗です。
私個人的には千枚漬が甘酸っぱいのが好きじゃなくて。
一度食べたら十分です。

でも世間的にはテレビ等の取材も多くて、店内にはたくさんの著名人のサイン色紙が飾ってあるので人気のお店です。
私の舌が馬鹿なだけです。大変申し訳ありません。

千枚漬本家大藤暖簾
千枚漬本家大藤|千枚漬の生みの親 ▲千枚漬本家大藤の店構え 千枚漬本家大藤で甘酸っぱい千枚漬けを。 こんにちは。 今回は漬物屋さんの大藤に行ってきました。 ...

近清店構え
▲近清
近清の千枚漬
▲千枚漬

おまけ②近清

近清の沢庵は幕末で活躍した新撰組が絶賛した逸話もあり。
奈良漬は明治時代に開催された勧業博覧会でその美味しさを表彰されるなど正統な歴史あるお店です。

でも私の好みでは無くて、千枚漬は特に印象も残らなかったのです。
近清さんでは千枚漬じゃなくて、沢庵や奈良漬を買うべきだと思いました。

近清店内
近清|千枚漬じゃなくて沢庵や奈良漬がおすすめ ▲近清の店構え 近清は奈良漬や沢庵がおすすめ こんにちは。 今回は漬物屋の近清に行ってきました。 京都で有名な漬...

赤尾屋御池店暖簾
▲赤尾屋
赤尾屋千枚漬
▲千枚漬

おまけ③赤尾屋

赤尾屋さんも江戸時代から続く老舗漬物屋さんです。
こちらの千枚漬は私的には塩辛すぎて、あまり好きじゃなかったです。

赤尾屋さんも千枚漬以外が美味しそうに感じました。
他の漬物を買う時に利用したいです。

赤尾屋御池店暖簾
赤尾屋御池店|千枚漬は扇舞漬へ進化する ▲赤尾屋御池店 赤尾屋御池店は千枚漬以外がオススメ こんにちは。 今回は漬物屋さんの赤尾屋御池店に行ってきました。 ...