京都グルメ

鼓月の千寿せんべい|煎餅感が全く無いクリームサンドクッキー

千寿せんべい2枚目

鼓月本店
▲鼓月本店

鼓月の千寿せんべいは京都土産としてもオススメ

こんにちは。
今回は鼓月の千寿せんべいを買ってきました。

鼓月(こげつ)は京都の和菓子屋さん。
「千寿せんべい」は鼓月を代表するお菓子、看板商品です。

京都旅行のお土産として観光客に人気がありますし、京都にお住まいの方が他県に出掛ける際のお土産用としても気軽に利用されています。
私の京都人の友人や同僚によると、千寿せんべいは誰もが知ってる、一度は食べたことのあるレベルのお菓子だそうです。

さっそく千寿せんべいを食べた感想を言うと。
「あっ!意外と美味しい!」
「煎餅(せんべい)と言うより、クリームサンドクッキーだ!」
と思いました。

千寿せんべい
▲千寿せんべい

八つ橋と阿闍梨餅に飽きたら次は千寿せんべいもアリ

私が千寿せんべいを知ったきっかけは、親しい京都人に
「オススメの京都土産ないですか?」
「八つ橋は飽きたから、それ以外でお願いします。笑」
と聞いた時に「千寿せんべい」をおすすめされたからです。

煎餅(せんべい)は微妙だなぁ。。。と思いましたが、他に選択肢がある訳ではなかったので仕方なく千寿せんべいを買いに鼓月に足を運びました。
でも実際に千寿せんべいを見ると、いわゆる普通の煎餅ではありません。

煎餅と煎餅の間にクリームがサンドされているのです。
煎餅もクッキー生地で作られているので、いわゆる洋風のクリームサンドクッキーです。笑

鼓月の店頭では千寿せんべいはバラ売りで1個からでも買えるので、自分用に2枚購入して会社の同僚用に12枚入りの箱を一つ購入しました。

千寿せんべい中身
▲中身はシュガークリーム

千寿せんべいを食べた感想「美味しい」

さっそく食べてみると、まさにクリームサンドクッキーでした。
いわゆる煎餅感は全く無し。
むしろなんで名前に煎餅とつけたのか謎!笑

生地はサクサクな食感でバターの風味が漂うクッキー生地。
中にサンドされているシュガークリームも程よい甘さで、優しい味。

同じくクリームサンドクッキーと言えばOREO(オレオ)を連想するのですが、オレオより美味しい。
オレオのクリームよりもふんわりしてて、高級感あります。

1枚食べたら2枚目もサクッと食べたくなるし、食べることができちゃいます。

千寿せんべい2枚目
▲おかわり頂きました。

どこのデパ地下でも売ってる買いやすさ

鼓月の店舗に行けば1枚から気軽に買えるので、また食べたくなったらお店に買いに行きたいと思います。
ちなみに鼓月の店舗はどこにでもあります。笑

京都駅なら伊勢丹地下、四条河原町なら高島屋地下、四条烏丸なら大丸地下に鼓月は出店しているので買いやすいのです。

京都のお土産として生八つ橋や阿闍梨餅の定番お土産を食べたことがある人は3つ目の選択肢として千寿せんべいはオススメです。

鼓月本店への行き方

鼓月本店は何故こんな場所に!?ってところにあります。
観光客が行くのは周囲に観光名所も無いので時間の無駄になります。

どうしても本店に行きたい理由がないのであれば京都駅か四条界隈のデパ地下で購入することをオススメします。

本店に行く場合は京都駅からバスに乗って千本二条辺りで降りてから徒歩15分ほどかかります。