京都の歴史修学旅行レポート

京都上賀茂神社の歴史を修学旅行レポートとして提出します。

上賀茂神社参道

上賀茂神社の楼門▲上賀茂神社の楼門

上賀茂神社の歴史を修学旅行レポートとして。

今回は京都の上賀茂神社(かみがも神社)の歴史について記事にしました。

上賀茂神社は世界遺産にも登録されている京都を代表する神社の1つ。
私は京都にある神社で一番好きです♪

上賀茂神社の歴史

①賀茂氏が建てた
②元は下鴨神社と1つ
③国家鎮護の役目
④立砂の意味
⑤藤原紀香様も挙式

上賀茂神社一ノ鳥居
▲一ノ鳥居

賀茂氏が上賀茂神社を建てた

上賀茂神社は賀茂氏と呼ばれる一族が建てました。
時代は平安京になる前、奈良が都がある頃から既にこの地にあります。

平安京遷都前の京都には賀茂氏と秦氏と呼ばれる一族が支配していて。
賀茂氏は上賀茂神社や下鴨神社のある地域を支配していた人達です。

一説には賀茂氏は奈良にある高鴨神社近くを支配していたのですが。
移住して来たとも言われています。
奈良にいた頃は天皇家の側近レベルで仕えており。
中央でも力を持っていたとも言われています。

上賀茂神社拝殿
▲本殿

もともとは賀茂神社で下鴨神社と1つだった

上賀茂神社と下鴨神社は名前が似ている通り。
始めは賀茂神社として1つの神社でした。

奈良時代に上賀茂神社と下鴨神社に分離しますが。
理由は賀茂一族が国家転覆をするのでは?と疑われていたから。

現代でも上賀茂神社と下鴨神社は馬術を競うお祭りが名物の1つなのですが。
当時から人気のお祭りで、京都以外の地域からも見物客が訪れるほど有名でした。

現代の感覚では楽しいお祭りとしか思わないですが。
当時は馬術は軍事力の1つと考えられていました。

流鏑馬と呼ばれる馬に乗りながら弓矢を放つ競技もよく考えると。
流鏑馬が上手な人が増えたら、その地域は戦争で有利になりますよね。
当時の朝廷は賀茂神社の祭を疑い、大丈夫か?と怖れました。

そこで上賀茂神社と下鴨神社に分けることで。
勢力分断を狙ったと言われています。

上賀茂神社の立砂
▲上賀茂神社の立砂

何のために上賀茂神社を建てたのか?

古くから上賀茂神社のある土地で生活をしてきた鴨氏は賀茂川や高野川から水の恵みの恩恵を受けて豊かな農耕生活を送っていました。

科学の発達した現代では、なぜ雨が降るのか、なぜ台風が発生するのか、なぜ洪水や雷が発生するのかを私達は理解していますが、大昔に生きる人達はこれらの現象は神様が引き起こすものと真剣に考えていました。

そのため台風や洪水や雷が起きた時には、自然の神様がお怒りになっていると考え、その怒りを鎮めるためにお祈りやお供え物を捧げたり、また神様の怒りを鎮めようと神様を楽しませるためにお祭りを行ったりしました。
立砂と桜▲立砂と桜

神山と立砂

さらに上賀茂神社の近くで生活していた人達は、神社の北側にそびえ立つ神山に神様が住んでいると考えました。神山は川の上流に位置することから自分達に水の恵みを運んできてくれる源に神様が住んでいると考えたのです。

実際に神山の頂上付近には巨大な石や岩が人工的に並べられた跡が残っており、古代の人達が神様の存在を信じて儀式などを行っていたことを示す証拠があります。

そして上賀茂神社の細殿の前には立砂と呼ばれる神山を模したモニュメントがあり、上賀茂神社が祀る神様がいる神山を崇拝しているのです。
上賀茂神社拝殿
▲上賀茂神社の拝殿

桓武天皇によって手厚く信仰された理由

794年に桓武天皇によって日本の都は京都の平安京へと遷ってきました。

奈良の平城京では奈良の大仏で有名な東大寺など巨大な寺院が数多く建設されました。特に聖武天皇は国の平和を願って東大寺や全国に国分寺と呼ばれる寺院を建設して仏教の力によって世の中を良くしようと考えました。

しかし現実的な話として、仏教の教えやお寺を建てるだけで世の中が平和になる訳はありません。お寺を建てるだけで平和になるなら現代社会で戦争など起きていないはずです。
つまり国民から集めた税金は無駄な巨大寺院の建設に使われ続けたことで国家財政が破綻しかけてしまいました。
上賀茂神社境内▲上賀茂神社境内

桓武天皇による政治刷新

桓武天皇はその状況を改善したいと願っていました。
仏教勢力にお金をどんどん吸い取られる内に仏教勢力が政治に介入してくることも桓武天皇にとっては邪魔でした。

そこで都を奈良から京都へ強引に遷すことで仏教勢力との関係を断ち切り、腐敗した政治を自分の手で刷新する計画を実行します。
その時に桓武天皇に京都の地を勧めたのが鴨氏とも言われているのです。

そして都を平安京に遷した後は、仏教勢力よりも古代から鴨氏が祀ってきた上賀茂神社や下鴨神社を京都の護り神として重要な施設として扱いました。そのことは奈良時代の仏教への信仰よりも、古代から日本人から信仰してきた自然の神様を大事にするという原点回帰の側面を持ちました。
上賀茂神社の参道▲上賀茂神社の参道

現代まで続く賀茂祭

また賀茂祭と呼ばれる上賀茂神社と下鴨神社で行われる祭を国家行事として皇族や貴族だけでなく庶民も参加できる祭を楽しむことで、皇族が大切にしている価値観を平安京に住む人達に伝える役目も持ちましたし、都の一体感を生むことにもつながりました。

そして賀茂祭は現在も葵祭として続いています。
毎年5月15日に行われており、京都三大祭りのひとつとして多くの観光客が訪れます。
上賀茂神社と下鴨神社は長年に渡って京都の原点を伝える神社となっているのです。

それにしても政治が上手くいかない時は、思い切って土地を変えるのは現代でも通じるのか気になりました。東京から別の場所に首都を変えると日本はよくなるのかな?

上加茂神社へのアクセス方法

京都駅から市営地下鉄に乗って北大路駅で降りた後、バスで上賀茂神社へ向かいます。
京都駅から北大路駅までは7駅。乗車時間13分。乗車賃260円です。
北大路からはバスで上賀茂御薗橋で降りて到着。乗車時間6分。乗車賃230円。
斎王桜▲上賀茂神社の斎王桜

上賀茂神社を見終わったら、賀茂川に沿って南へ向かうと下鴨神社へ行くことができます。
ただし歩いて行くと約30分程かかりますので、時間が無い人は上賀茂神社から出ているバスで下鴨神社へ向かうと良いです。

上賀茂神社は歩いて行ける距離に電車の駅が無く、少しアクセスし辛いので数多く色んな場所を効率よく巡りたい人にはおススメできません。
ただしそのおかげで世界遺産にも関わらずそこまで人が多くないところが私には有り難いのですけど。(^^)/