京都の歴史修学旅行レポート

下鴨神社の歴史を修学旅行レポートにて提出致します。

下鴨神社楼門

下鴨神社舞殿
▲下鴨神社の舞殿

下鴨神社の歴史を修学旅行レポートとして。

こんにちは。
今回は世界遺産に登録されている京都の下鴨神社(しもがも神社)の歴史について記事にしました。

下鴨神社は京都にある神社の中で最も古い神社の一つとして歴史ある神社になります。
下鴨神社は下鴨神社の北にある上賀茂神社(かみがも神社)と共に世界遺産にも登録されています。

下鴨神社と上賀茂神社は漢字は違うけども名前が似ていることには理由がありまして、都が京都の平安京に遷る前から下鴨神社のある地域で生活をしていた鴨氏と呼ばれる人達によって下鴨神社と上賀茂神社の前身にあたる賀茂神社から名付けられたと言われています。

長い歴史を持つ下鴨神社ですが学校の歴史の教科書には出てきませんよね。
そこで今回は下鴨神社の歴史について修学旅行レポートを担任の先生に提出するつもりで記事にしてみました。

下鴨神社楼門
▲下鴨神社の楼門

誰が下鴨神社を建てたのか?

下鴨神社は鴨氏と呼ばれる一族によって神社の原形が造られました。
鴨氏は大和朝廷時代から皇室の側近として活躍し、天皇から厚い信頼を得ていた一族です。

まだ都が京都に遷る前から下鴨神社と上賀茂神社のあるエリアを拠点に生活していた鴨氏は高野川や賀茂川、二つの川が合流することでできる鴨川の豊かな水の恩恵を受けながら農業を営んでいました。

科学や医療技術が発達した現代では、なぜ雨が降るのか?なぜ地震が起きるのか?なぜ台風が起きるのか?なぜ病気になるのか?を科学や医学知識によって解明できます。
しかし大昔の人々はそれらの現象が起きる原因を神様が怒っているからと考えました。

そのため地域に住む人達で集まり、その地域に住む神様を祀ることで農業の豊作や病気が治ることを願いました。そしてその地域の人達で集まってお祈りする場所こそが神社の原点となっていきました。
下鴨神社本殿
▲下鴨神社の本殿

鴨氏と京都の深いつながり

同じように下鴨神社も鴨一族が豊作を願って神様を祀る場所として発展を遂げていきます。そして都が京都の平安京に遷ると上賀茂神社と共に平安京の守り神として天皇や皇室、平安京で暮らす多くの人達から祀られる神社となりました。

京都三大祭と呼ばれる京都の大きなお祭りの一つに葵祭(賀茂祭)が毎年5月15日に行われますが、このお祭りは上賀茂神社と下鴨神社によって開催されて多くの観光客が訪れるお祭りとなっています。

葵祭は平安時代から続く歴史のあるお祭りであり、いかに上賀茂神社と下鴨神社が京都で暮らす人達にとって大切な存在であるかを知ることができます。

下鴨神社の南口鳥居
▲下鴨神社の南口鳥居

下鴨神社と上賀茂神社の関係

下鴨神社と上賀茂神社は鴨一族によって祀られた賀茂神社が2つに分れたものになります。
一説には三重県にある伊勢神宮が内宮と外宮に分れているように鴨神社も分かれたと言われています。

都が京都の平安京に遷ってから賀茂神社は桓武天皇や皇室から京都の守り神として祀られるようになったことから、桓武天皇や皇室が祀ってきた伊勢神宮に合わせたとも言われています。

スポンサードリンク


下鴨神社中門
▲下鴨神社の中門

上賀茂神社と下鴨神社は親子関係

下鴨神社は正式名称を賀茂御祖神社(かものみおや神社)と呼び、上賀茂神社の正式名称は賀茂別雷神社(かもわけいかづち神社)と呼びます。

下鴨神社の正式名称に御祖(みおや)とあるように下鴨神社で祀られている建角身命(たけつぬみのみこと)と玉依姫(たまよりひめ)は上賀茂神社で祀られている別雷の祖父と母親に当たります。
つまりそれぞれの神社で祀られている神様は親子関係を持つ深い繋がりがあります。

ちなみに桓武天皇が都を京都の平安京へ遷すことを決断した際には、鴨一族が京都の土地を薦めたとも言われています。今の京都があるのは鴨氏のおかげかもしれません。

下鴨神社糺の森
▲糺の森

縄文時代から続く糺の森

下鴨神社の境内には糺の森(ただすの森)と呼ばれる森があります。
糺の森は縄文時代と変わらない植生を保つ貴重な森でして、私個人的にも糺の森を散歩すると気分がスッキリできる好きな場所でもあります。(^^♪

現在では下鴨神社の近くまで住宅地が広がっていますが、大昔のこの辺りには広大な森林が広がっていました。
時代を経るにつれて土地開発が進み住宅地やゴルフ場が建設されておりますが、下鴨神社の境内だけに大昔と変らない森が保存されています。
糺の森風景
▲糺の森から参道を望む

糺の森は気分転換に最適

そのため下鴨神社の境内は糺の森に囲まれているおかげで古代の空気を感じることができる貴重な森となっています。近所の方が深呼吸している光景もよく見かけます。

下鴨神社に訪れる多くの観光客の方は世界遺産だからとか、良縁の効果があるパワースポットだからと訪れる人が多いのではないかと思いますが、是非とも下鴨神社を訪れる際は縄文時代から変わらない森の空気を感じて頂きたいと思います。

下鴨神社へのアクセス方法

京都駅からJRで宇治・奈良行き電車に乗り東福寺駅で京阪電車に乗り換えます。その後は京阪電車で出町柳駅まで行きまして、出町柳駅から徒歩5分ほどで下鴨神社に到着です。

京都駅から東福寺駅までは1駅。乗車時間3分。乗車賃140円。
東福寺駅から出町柳駅までは6駅。乗車時間15分。乗車賃270円。

または京都駅から市営地下鉄に乗り今出川駅で降りた後、徒歩15分ほどで下鴨神社に到着することもできます。この場合は今出川駅にある京都御所も一緒に巡ることをおススメ。
下鴨神社を見終わった後に京都御所まで行くのも良いかと思います。
鴨川から下鴨神社を望む
▲鴨川から下鴨神社を望む 橋の向こうの盛り上がった森の中にあります。

バス移動が好きな方は京都駅前のバスターミナルから下鴨神社行きのバスで向かいましょう。
私はせっかくの休日まで渋滞や満員バスに巻き込まれたくないので、京都でバスには極力乗らない派です。(^^;)