京都グルメ

三条若狭屋|祇園ちご餅を京都土産にオススメ。

三条若狭屋の祇園ちご餅

三条若狭屋外観
▲三条若狭屋の店構え

三条若狭屋の祇園ちご餅を新たな京都土産にしました。

こんにちは。
今回は三条若狭屋へ行ってきました。

三条若狭屋(さんじょう わかさや)は和菓子屋さん。
祇園ちご餅が看板商品のお店です。
私も祇園ちご餅を一度食べてみたくてお店に行ってきました。

さっそく感想を言うと。
「うん。美味しい!」
「八つ橋や阿闍梨餅に代わる京都土産として十分イケる!」
と思いました。

三条若狭屋の祇園ちご餅
▲祇園ちご餅

祇園ちご餅はふわふわのお餅の中に甘く炊いた白味噌入り。

若狭屋のちご餅は見た目の通り、とってもシンプルな和菓子。
柔らかなお餅の中に、甘い味噌が入っています。

お餅の中に味噌が入っていると聞いた時、私はゾッとしましたけど。(^^;)
「えっ!?味噌なんか入れんな!餅だけでいいわ!」と心の中で叫びました。
正直な気持ちとして、私はちご餅を買う前に既に期待していませんでした。

祇園ちご餅白味噌
▲中には甘い白味噌

求肥と白味噌の相性抜群

でも実際に食べてみると、想像を上回る美味しさでした。
想像以上に味噌感が無くて良かった。
普通に甘くて美味しかったです。

さらに私の好きな求肥(ぎゅうひ)で作られているのも嬉しい!
口の中に入れた瞬間にサ~っと溶けていく感じが大好き!
そして一噛みすれば、甘く炊いた白味噌がジワッっとほんのりと香るのだ。

祇園ちご餅包装
▲包装

京都旅行のお土産としてオススメ

ちご餅は包装も素敵です。
食べる前にテンションが上がります。
特別な和菓子を買った気分になりますし、開ける時もワクワクして楽しい。

買った本人がドキドキするんだから、お土産で貰う人も期待すること間違いなしです。
しかも京都の和菓子屋さんのお土産と言われたら、「マジっ!?なんかスゴイ。。。(ゴクリっ)」と唾をのみ込んでしまいます。笑
八つ橋や阿闍梨餅などの定番土産に飽きてきた方にはオススメします。

三条若狭屋店内
▲店内ではコーヒーと一緒にちご餅を頂くことができます。

白味噌を使うお餅が京都には多いな

祇園ちご餅を食べていると、あぶり餅を思い出しました。
あぶり餅と言えば、今宮神社の門前で食べることができる人気お菓子。

あぶり餅もお餅に甘い白味噌をつけて食べます。
京都では白味噌を使ったお菓子が多いみたいです。
私は味噌が甘いことが凄く新鮮に感じるので、京都ならではを感じることができて良かったです。
三条若狭屋暖簾
▲暖簾

あぶり餅も美味しいのですが、今宮神社まで行くのがめんどくさい。。。(^^;)
三条若狭屋のちご餅なら二条城からも徒歩で行けますし、京都駅でも購入できるので、白味噌&お餅の和菓子が食べたくなったら祇園ちご餅を今後は選ぼうと思いました。

三条若狭屋へのアクセス方法。

お店は三条商店街の東端、堀川通り前にあります。
お店から二条城まで徒歩5分で行くことができるので、二条城へ観光する方は是非ついでに三条若狭屋まで行くことをオススメです。

京都駅から三条若狭屋まではバスで行くのが簡単。
京都駅前から二条城行きのバスに乗り、二条城前駅から一つ手前の堀川三条駅で降りたらすぐお店が見えます。
(京都駅から堀川三条駅まで乗車時間:13分 乗車賃:230円)