京都グルメ

鳥岩楼の親子丼|ふわふわ半熟卵とプリプリ鶏肉をピリッと山椒で。

鳥岩楼親子丼

鳥岩楼親子丼
▲鳥岩楼の親子丼800円

鳥岩楼の親子丼は美味しい。

こんにちは。
今回は鳥岩楼に行ってきました。

鳥岩楼(とりいわろう)は鳥料理を専門にするお店。
特に水炊きが美味しいことで知られる名店なのですが、ランチでは気軽に親子丼を食べることができることでも有名です。

店構えからも老舗の雰囲気がバシバシ伝わってきます。
鳥岩楼と染め抜かれた暖簾が素敵。
そして当然ながら値段も安くは御座いません。
水炊きは1人前6,000円以上です。

しかしランチの親子丼は800円。
そこそこ庶民にも手が届くお値段です。
名店の味を気軽に味わうことができるのです。

鳥岩楼の暖簾
京都の親子丼BEST3|移住者が選ぶ好きなお店TOP3 ▲とり安の親子丼 京都で好きな親子丼BEST3 こんにちは。 今回は私が好きな京都の親子丼BEST3をランキング形式で記事...

鳥岩楼の暖簾
▲鳥岩楼の暖簾

親子丼の感想「また食べたい!」

そして親子丼を食べた感想は「これは旨い!近くに用事があれば食べに来たい!」です。
私にとって最も馴染みのある親子丼と言えば、なか卯の親子丼。笑

なか卯と比べると鶏肉もプリプリッ。
卵も濃厚でトロトロッ。
どんぶりも少し小ぶりなので、ペロリと食べ切ることができます。
食べ盛りの男子にはちょっと量が少ないと思いますが、私にはこれくらいで良かった。

半熟卵の上に、さらに黄身を上乗せ。そりゃ濃厚な味わいに決まっているのです。
そりゃ美味しくなるのです。
そして胡椒ではなく山椒でピリリッと味をしめるのだ。

鳥岩楼部屋
▲店内の雰囲気

ランチは親子丼のみ

鳥岩楼ではランチは親子丼のみ頂くことができます。
なので。
お店の人に席を案内されたら、あとは親子丼が出来上がるを待つだけです。
普通のお店のように、店員さんに注文することもありません。
店員さんも注文を聞いてきません。

店員さんに席を案内された後、次に店員さんに会う時は親子丼を運んで来てくれる時です。
なので。
初めて鳥岩楼に来た時は店員さんが注文を聞きに来なくて焦りますが、安心して下さい。
お店に入った瞬間に自動的に人数分の親子丼が注文されたことになるシステムです。

鳥岩楼雰囲気
▲2階の雰囲気

お店の雰囲気は良くも悪くも老舗っぽい。

鳥岩楼の魅力は親子丼の美味しさだけでなく、お店の建物の雰囲気を味わうことも魅力の一つです。
玄関から席まで廊下を歩くと中庭があり、まさかの2階の大広間に案内されると畳の敷かれた部屋に他のお客さん達と一緒に広間で頂くスタイル。
おそらくランチタイムで個室は無し。

この雰囲気を良いと感じる人もいれば、嫌だと感じる人もいるでしょうね。(^^;)
高級感はそこまでない。
おばぁちゃん家を私は思い出す。でも汚い訳ではない。
店構えを見た時は鳥岩楼と書かれた暖簾と町屋の雰囲気が京都らしいなぁ。。。

なんて思いましたが、部屋に案内された後では「あれ?なんか思ったのと違う?」と思い描いた京都らしさとは少し違うと感じました。
私が勝手に思い描いていた京都らしさは、もっと高級な旅館とかの雰囲気。

女将さんがいて、店員さん達は着物を着て「おいでやぅ~。」とはんなり迎えてくれることを想像していたのですが、鳥岩楼では普通にジーパンに半袖とエプロンを着たおばちゃんが忙しそうに駆け回っていました。

鳥岩楼へのアクセス方法

鳥岩楼から歩いて15分ほどで学問の神様で有名な北野天満宮があります。
ですので北野天満宮に参拝する際のランチに鳥岩楼の親子丼をオススメします。
(京都駅から北野天満宮前まで乗車時間:35分 乗車賃:230円)
鳥岩楼だけ行きたい場合は地下鉄今出川駅からタクシーに乗るのが良いと思います。