京都グルメ

亀屋良永|御池煎餅と菜の花と唐衣を買ってきた。

亀屋良永きんとん菜の花

亀屋良永外観
▲亀屋良永の店構え

亀屋良永と言えば御池煎餅

こんにちは。
今回は亀屋良永へ行ってきました。

亀屋良永(かめや よしなが)は和菓子屋さん。
寺町商店街の最北端、織田信長が討たれたことで有名な本能寺の向かいにお店があります。
京都観光雑誌などでは「御池煎餅」が看板商品として掲載されていることが多いです。

でも私は煎餅に興味がないので生菓子を購入するつもりでお店に行ってきました。
さっそく和菓子を食べてみた感想を言うと。
「美味しい。そして見た目も綺麗。季節毎に代わる和菓子も食べてみたい!」
「御池煎餅はなんだか懐かしい味がする」
と思いました。

亀屋良長の外観
京都亀屋ブランド|移住者が選ぶ屋号に亀屋が入る和菓子屋リスト ▲亀末廣(元 亀屋末廣)の外観 京都を代表する亀屋ブランドの和菓子屋さんリスト こんにちは。 今回は京都の和菓子屋を代表す...

御池煎餅缶
▲御池煎餅を入れる缶

御池煎餅の感想。懐かしい味がする

まずは看板商品の御池煎餅。
雑誌などで何度も掲載されているのを見てきたので、結局は食べないという選択肢が私にはありませんでした。(^^;)
看板商品と言われてますし、亀屋良永を代表するお菓子なら食べるしかないのです!

だから食べました!
雑誌で見た煎餅を入れる缶は捨てずに家に残っています。笑
食べてみると煎餅とはいえ、口に入れたらサ~っと溶けてしまうほどの柔らかさでした。
味は優しい砂糖の甘みを感じるシンプルな味!素朴!
でも少し塩味も感じます。

原材料に醤油と記載されているので、甘味を引き立てるためにほんのり使われているみたい。
スイカに塩をかけるとか、ぜんざいに塩かけるのと同じように甘さを引き立てるためにほのかに醤油が使われているっぽい。

御池煎餅缶
▲御池煎餅

数年に一度は食べたくなる味

御池煎餅を食べて思い出すのは、子供の頃に食べた赤ちゃん用の煎餅です。笑
美味しいけど私の場合は頻繁に食べるお菓子じゃないかな。

しばらく期間を置いたら急に思い出して食べたくなる気がします。
おそらく普通の煎餅を食べた時に、「京都に御池煎餅という変わったものを食べたなぁ。懐かしい!」と思い出すに違いありません。(^^;)

亀屋良永唐衣
▲唐衣
亀屋良永唐衣断面
▲中にはこしあん

唐衣の感想

唐衣(からころも)は見た目が美しくて思わず買ってしまいました。
杜若(かきつばた)をイメージした薄い紫色の外郎生地が美しい。
中にはあんこが入っています。

口に入れた瞬間に感じる上品な味。
美味しい!
食べるのがもったいない。
贅沢な気分になります。
また食べたいです。

亀屋良永きんとん菜の花
▲菜の花

鮮やか緑のきんとん

鮮やか過ぎる緑色のきんとん。
その名も「菜の花」
正直なところ私には色が鮮やかすぎて、人工的すぎて、食欲が減退しちゃうのですが。

勇気を持って食べてみたら、確かにきんとんです。
美味しい!
安心しました。

亀屋良永店内
▲店内

亀屋良永と亀屋良長。

京都には亀屋○△□と、お店の名前に亀屋と名乗る和菓子屋さんが数多くあります。
その理由は長い歴史の中で数多くの暖簾分けが行われた結果、現在に至る訳なのですが。

私の疑問は亀屋良永と読み方が全く同じで漢字だけが違う亀屋良長は別のお店なのか?ということです。
亀屋良長は堀川四条に本店がありまして、初めは今回訪れた亀屋良永は支店なのかな?と思ってたのですがお店に入ると雰囲気が全然違うのです。

亀屋良長の店内
▲亀屋良長の店内。綺麗すぎる。

漢字一文字違うだけで大きな違い

良長は和菓子屋さんとは思えないほどオシャレな店内でしたが、今回訪れた良永は昔ながらの和菓子屋さんという雰囲気。
とても同じお店とは思えない。棚に並んでいる和菓子も違うのです。

なんか変だな?と思ってネットで調べてみると亀屋良長は公式サイトがあるが、亀屋良永はない。
亀屋良長の公式サイト内に別店舗として良永のことも一切掲載されていませんでした。
どうやら全く別のお店ということです。ややこしい。笑

亀屋良永へのアクセス方法

京都駅から行く場合は地下鉄の京都市役所前駅が最寄り駅になります。
お店は寺町商店街の入り口にありますので、駅に着いたら地下から地上へ出ましょう。
外に出たら京都市役所の建物の向かい側に商店街が見えます。
その商店街の入り口に亀屋良永があります。
(京都駅から京都市役所前駅まで乗車時間:13分 乗車賃:260円)