京都グルメ

とらや京都一条店|京都御所を見終わった後のひと休み

とらや生菓子道明寺

とらや京都一条店
▲とらや京都一条店の外観

とらや京都一条店で生菓子を買い漁る

こんにちは。
今回はとらや京都一条店へ行ってきました。

とらやは全国的に有名な和菓子屋さん。
京都では高島屋や伊勢丹、大丸などでとらやの商品を購入する方が多いと思うのですが、京都には1店舗だけ路面店があります。

京都御所からほど近くにあるガラス貼りのオシャレな建物。
和菓子のお店とは思えないこの建物こそ、とらや京都一条店になります。

私はとらやの和菓子を食べたことがなかったので、京都御所観光ついでに行ってきました。

さっそく感想を言うと。
「どれも美味しい。見た目も美しい。他の和菓子も食べていきたい!」
と思いました。

とらや京都一条店店内
▲店内から京都御苑の木々も見えて爽やか

京都創業感の無い和菓子屋さん

とらやは室町時代に京都で創業した歴史あるお店。
でも正直なところ私は「とらや」は東京生まれのお店と思っていました。
だから京都に来て、わざわざ東京のお店の和菓子を買うことなど無かったのです。

どうせ買うなら百貨店より路面店が良い!
ということでとらや一条店に行ってきた次第です。

とらや生菓子道明寺
▲道明寺で作られた生菓子

品のある生菓子の数々

私は生菓子が好きなので生菓子を3つ購入しました。
私が訪れたのは日曜日のお昼でしたが、生菓子がわずかに残っていました。
そのため生菓子を食べたい方はできれば午前中、早めにお店に行くことをオススメします。
おそらく桜や紅葉の季節にはすぐ売り切れる気がします。

食べた感想をまとめると、どの生菓子も美味しかったです。

とらや道明寺断面
▲中身はこし餡だけど色が白い

一つ目:ピンクの道明寺のお餅

淡いピンク色の道明寺のお餅には、こしあんが詰まっています。
とらやの生菓子はどれも見た目が美しく、品のあるオーラが漂っていますね。

この生菓子も一口食べると、柔らくて、甘すぎず、高級な気分を味わえて幸せな気持ちになりました。
口に入れた瞬間にサラサラと溶けていくお餅と砂糖を感じながら至福の時間を楽しみます。

道明寺で作られた似たような和菓子を末富さんでも食べたことがありますが、私はとらやのほうが美味しいと思いました。(そんなに大きな差はないですけど。。。)

とらや生菓子
▲猫の背中に見えるのは私だけ。。。
とらや生菓子
▲中身はこし餡

2つ目:猫の模様にしか見えない和菓子

見た目が可愛らしい和菓子。
チョロっと茶色の焦げ目がついていて、いったい何で出来ているのか気になります。

食べてみると薄いお餅でした。(だと思う)
中にはこしあんがぎっしり。美味しい。

見た目に惹かれて購入してしまいました。
YouTubeで猫動画を見ることがあるのですが、「ねこほうチャンネル」というチャンネルに登場する猫のチロちゃんの模様に見えてしまう。。。
この和菓子の名前は猫餅と名付けよう。勝手に。

とらやきんとん
▲きんとん

3つ目:黄色のきんとん

黄色のきんとん。
私は最近、鮮やかな緑色のきんとんを亀屋良永さんで食べたのですが、人工的な緑色を目の前にすると食欲が湧いてこない経験をしたので、優しい黄色のきんとんを見て安心しました。
これなら食べられます。

実際食べてみると美味しかったです。
美味しいけどよくあるきんとんと味は大差ないです。
別にとらやできんとんを食べる必要はないかなと思いました。
せっかくとらやに行くなら他の和菓子を食べることをオススメします。

とらやきんとん断面
▲きんとんにはこしあん

とらや一条店は京都御所のすぐ近くという立地が素敵です。
京都御所に観光で行かれる方は足を伸ばしてはいかがでしょうか?
また一条店の隣には飲食ができる「虎屋菓寮」がありますので、御所を見終わった後のひと休みに利用することをオススメします。

とらや一条店へのアクセス方法

とらやは京都の大手百貨店地下に店舗がありますので、京都駅や四条駅に行けば購入することもできます。
観光で今出川に行く予定の無い方は百貨店に行きましょう。

とらや一条店は地下鉄今出川駅から徒歩5分ほどで行くことができます。
今出川駅を降りたら今出川交差点を南へ歩けば到着です。
(京都駅から今出川駅まで乗車時間:9分 乗車賃:260円)