京都グルメ

仙太郎京都本店に行く|別にデパ地下で事足りる

仙太郎本店

仙太郎本店
▲仙太郎本店の店内から

仙太郎本店に行かなくてもデパ地下で十分だった

こんにちは。
今回は仙太郎の京都本店に行ってきました。

仙太郎(せんたろう)は京都の和菓子屋さん。
京都だけでなく関西圏の百貨店や東京や名古屋の百貨店にも出店しているので、ご存じの方も多いかもしれません。

私が仙太郎を知ったのは大丸京都店や伊勢丹京都のデパ地下にある仙太郎に行列ができているのを見たからでした。
たまたまではなくて、見る度にお客さんが仙太郎前で並んでいるのです。笑

「いったいどれだけ美味しいの!?」
「仙太郎?聞いたことないけど、有名なお店なのかしら?」
と気になって仕方がなかったのです。

仙太郎ご存じ最中
▲仙太郎の最中(もなか)

ご存じ最中のリベンジを果たせるか!?

実は私は過去に仙太郎で「ご存じ最中」という看板商品を大丸京都店で買っています。
見るたびに行列ができているお店の商品が食べられるので、めっちゃ楽しみでした。
でも実際に食べてみたら、私は行列ができるほど美味しいとは思わなかったのです。

実は仙太郎で人気の商品は最中ではなくて、おはぎや豆大福とか別の商品かも!?
そうでなければ、お店の前を通るたびに行列ができる訳ない!
と後悔したのです。

だから今回は最中以外の商品を買うために本店に来たのです。

仙太郎おはぎ餡
▲おはぎ
仙太郎おはぎ青じそ
▲青じそ入り

最中以外では何が美味しいのか!?

私が仙太郎本店で買ったのは3つです。
一つ目はおはぎ。

見た目は普通のおはぎですが、中身を見たらビックリ!?
なぜか青じそが生地に入っています。

私は入れないほうが。。。と思いますが、仙太郎ならではの味を楽しめます。

仙太郎おはぎきな粉
▲おはぎ きな粉
仙太郎おはぎ青じそ
▲こちらも青じそ入り

2つ目はおはぎ(きなこ)。

こちらも中身に青じそが生地に入っています。
なぜなんだ!?
私は青じそが無いほうが良いと思うのですが、私の舌が馬鹿なのでしょうか!?

好みは人それぞれだと思うので、私は好きじゃないと言わせて頂きます。
こちらからは以上です。

仙太郎黒豆大福
▲黒豆大福
仙太郎黒豆大福こしあん
▲こしあん

3つ目は黒豆大福

仙太郎の最中やおはぎを食べて思ったのですが、仙太郎の商品は他のお店に比べてサイズが大きい気がします。
なんかお得感があって良いと思います。

黒豆大福も同じく少し大き目な気がします。
口いっぱいに大福を詰め込んで一口で食べると幸せを感じます。笑
リスとかハムスターみたいに頬を膨らませながら大福を食べる瞬間が、ちょっとした贅沢と言いますか、下品ですが私の大福の楽しみ方です。

仙太郎本店
▲本店の外観

最後にこの記事で言いたいことは、あえて本店に行く必要性はなかったです。

今回は仙太郎本店に行ってきましたが、あえて本店にまで足を運ぶ必要はないな。
と私は思いました。

仙太郎は京都駅の伊勢丹、河原町の高島屋、四条烏丸の大丸の地下1階に出店しています。
観光客の皆様にとっても買いやすい場所にお店があって便利ですし、品揃えも特に変わらないです。

むしろ本店より大丸京都店のほうが品揃えが充実してる気がしました。

仙太郎京都本店への行き方

仙太郎本店は四条通りと寺町通りの交差点を南へ行くと徒歩2分で到着できます。

ですが。
もう一度言いますけども、わざわざ本店に行く必要はないのでデパ地下で買うことをオススメします。