京都グルメ

京都麵屋虎杖|カレー担々麺はまた食べたくなる中毒性あり。

麵屋虎杖カレー担々麺

麵屋虎杖カレー担々麺
▲麵屋虎杖のカレー担々麺(730円)

麵屋虎杖のカレー担々麺の味は忘れることはできない

こんにちは。
今回は京都の麵屋虎杖でカレー担々麺を食べてきました。

友人との飲み会後の〆のラーメンとして利用させて頂きました。
実は別のラーメン屋さん「五行(ごぎょう)」に行こうと思って歩いていたのですが、道を間違えて麵屋虎杖(めんや いたどり)の前に辿り着いたのでした。笑

飲んだ後なので小さいことは気にしないのです。
「カレー担々麺」という聞いたことの無い響きに惹かれてお店の中へ。
正直なところ、「担々麺か、カレーラーメンのどっちかにしろよ。」「どうせ中途半端な味なんだろうなぁ。」と食べる前に思っていました。

麵屋虎杖メニュー
▲メニューと紙エプロン

結論は「美味しい!」

結論、食べてみた感想を言うと。
「結構美味しかった!」です。(^^♪

めっちゃ美味しい!まではいかずとも、不味くもない。
でも定期的に食べたくなる中毒性がある、新しい味でした。

定期的と言っても、半年に一回、もしくは1年に一回くらい。
忘れた頃にあの味をもう一度味わいたいと急に頭に浮かんでくる予感がします。笑

麵屋虎杖カレー担々麺
▲辛さとクリーミーさのバランス★

ついつい飲んでしまうスープ

カレーと担々麺の辛さがありつつも、スープはクリーミーなんです。
辛いだけじゃなくて、なんか奥行きがあるのです。

最初の一口で初めて味わう味に驚きつつ、なんか「クスッ」と笑みがこぼれました。
そして二口、三口と、ついついスープを飲んでしまいました。
「あれ?意外と美味しいなコレ。。。」って感じです。(^^♪

麵屋虎杖ターメリックピラフ
▲ターメリックピラフ

ラーメンとピラフのセットだと!?

ラーメンと一緒に食べるものと言えば、私は炒飯なのですが。
麵屋虎杖では「ターメリックピラフ」がご飯ものとしてメニューされています。
要はカレーピラフ的なやつです。笑

私はこれが良かったです。
炒飯(チャーハン)ではなく、ターメリックピラフ。
ラーメン屋さんでピラフという単語を口にする新鮮さ。
店員さんに「ターメリックピラフ」を注文する時に少し恥ずかしくなるのは私だけでしょうか?

ターメリックという単語に口が慣れていない。
どっちかと言うと「ターミネーター」のほうがお馴染み。
口にしっくりくるわ。
ターメリックピラフと口で言いながら、頭の中はほぼ全裸のアーノルド・シュワルツェネッガーが浮かぶ謎。

麵屋虎杖四条富小路
▲四条富小路店 カウンターメインで4人用テーブル席が1つあり。

「I’ll be back」

話が脱線してしまいましたが、このブログ記事を書きながら既にまた食べたくなっている自分がいます。
これは半年に一度と言いながら、もっと早く行きそうな予感です。

だっだっだっだ だーん♪ だっだっだっだ だーん♪

END

麵屋虎杖 富小路店へのアクセス方法

京都駅から麵屋虎杖へは地下鉄に乗って四条駅を降りてから徒歩10分ほどで到着します。
四条通りを歩きながら富小路通りとの交差点で北へ行けばすぐ。
ジュンク堂の裏と覚えると良いかもしれません。
(京都駅から四条駅まで。乗車時間:3分。乗車賃:210円)