京都グルメ

和醸良麺すがり|とにかく建物の雰囲気は素敵だよね。

和醸良麺すがりもつつけ麺

和醸良麺すがりもつつけ麺
▲もつつけ麺

和醸良麺すがりのモツつけ麺

こんにちは。
今回は和醸良麺すがりに行ってきました。

とりあえずお店の名前が漢字で読めない。
お店の名前を自信持って言えなくて困ります。(^^;)

和醸良麺すがりはラーメン屋さん。
つけ麺が美味しいことで知られる有名店だと思います。

つけ麺は確かに美味しかったのです。
でも私は味よりお店の建物が好きになりました。笑

和醸良麺すがり町屋
▲一瞬お店の入口がわからなかった。

建物が素敵

京都らしい町屋を改装してお店にしたであろう雰囲気が素敵なのですが、まずお店の入口がどこにあるのかわからなくてドタバタしました。

お店の前でウロウロしていたのは恥ずかしかったのですが、今振り返るとそんな体験も含めて楽しかったです。
ラーメンを食べに行ったはずなのに、勝手にアトラクション気分を味わっていました。

和醸良麺すがり外観
▲外から店内が見える。
和醸良麺すがり店内カウンター
▲カウンター席10席

楽しくて美味しいラーメン屋

とりあえず結論として。私の和醸良麺すがりさんの感想を一言にすると。
「楽しくて、美味しい!」です。
それが私の言いたいことです。

京都で美味しいと言われるラーメン屋さんに何軒か行きましたが、とにかくどのお店も味は濃い!
お店の特徴がはっきりしている印象を持っています。
京都と言えば、あっさり薄味なイメージを持っていましたが、そんなラーメンを見たことがありません。
和醸良麺すがりも御多分に漏れず、濃厚な鳥&魚介スープです。

スープはめっちゃ美味しいと思いました。
私も味がはっきりしているラーメンが好きなので、ガツンとくる濃厚な味に満足!
ラーメン食べながら、水もゴクゴク飲みました。

もつつけ麺
▲濃厚スープ
和醸良麺すがり引き出し
▲引き出しを開けると謎の入れ物が。。。

店内もオシャレな雰囲気。

席はカウンター10席のみ。
調理スタッフさんをコの字で囲むようなカウンター。

そして私が一番印象に残った出来事が、カウンター席の引き出しです。
一人一人の席に引き出しがありまして、開けると柚子胡椒とか調味料が入ってるんです。
シルバーに輝く謎の物体が綺麗に並んでる謎。
これには調味料が入っていて「何これ?めっちゃカッコイイ!?」とずっと興奮していました。

そして食べ終わった後は、お店に入ってきた通路には戻ることができなくて。
「茶室かよっ!?」と思うような背の低い扉からお店の外に出るのもワクワクしました。

もつつけ麺
▲蕎麦でしょこれ?

私の不満

和醸良麺すがりは建物もオシャレ、濃厚なスープも美味しい。
でも私には一つ大きな不満があります。

それは麺がほとんど蕎麦みたいなところです。
麺がラーメンじゃなくて、蕎麦を食べているみたいなのです。
私はこれがめっちゃ不満です。

蕎麦を食べるためにラーメン屋に来たんじぇねぇ!
と怒りが少し湧いてきました。

太麺だったら最高!
私の好みの問題なのですが、太麺だったらもっと美味しい気がします。
それだけが本当に本当に不満です。
私と同じ不満を持つ人いないかな~?
ラーメンを食べてる気がしないんです。
これ蕎麦だよ。

和醸良麺へのアクセス方法

地下鉄の四条駅から徒歩3分ほどで到着。

まずは四条烏丸交差点を西へ。
四条通りを西へ進めばHolly’s Cafeが見えてきます。

そしてカフェの真横に薄暗い細い道がありますので、恐る恐るその道を進むと町屋風の飲食店が並ぶ通りに出ます。その通りにお店はあります。
地下鉄の四条駅から徒歩3分ほどで到着。
(京都駅から四条まで乗車時間:3分 乗車賃:210円)
新町四条
▲和醸良麺すがりのある通り