京都の歴史修学旅行レポート

大徳寺の歴史を修学旅行レポートとして提出します。

大徳寺の金毛閣側面

大徳寺の金毛閣
▲大徳寺の金毛閣

大徳寺の歴史の修学旅行レポート

こんにちは。
今回は京都にある大徳寺(だいとくじ)の歴史について記事にしました。

他県にお住まいの方で大徳寺の名前を知っている人は少ないのではないでしょうか?
大徳寺は戦国時代に活躍した茶人として知られる千利休とゆかりのあるお寺になります。

豊臣秀吉に仕えた千利休は茶人として秀吉から信頼を得ることで出世を果たしましたが、最後は秀吉の怒りを買い切腹させられてしまいました。
そして大徳寺には秀吉が千利休に切腹を命じるきっかけとなった建物である金毛閣があることでも知られています。

今回は大徳寺の歴史について、修学旅行のレポートを担任の先生に提出つもりで記事にしました。
大徳寺の境内
▲大徳寺の境内

大徳寺の歴史

大徳寺は臨済宗に属する禅宗寺院であり、1325年に宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)によって建てられました。
大徳寺は当時の天皇である後醍醐天皇から帰依を受けたことから、五山制度と呼ばれる禅宗寺院を格付けした中でも大徳寺は京都の中で最も権威の地位を得るほどのお寺として扱われました。

しかし後醍醐天皇を倒した足利尊氏が室町幕府を設立すると、大徳寺は足利尊氏によって五山制度の中でも格下の地位へと追いやられてしまいました。尊氏にしてみれば大徳寺は後醍醐天皇と深い繋がりのあるお寺に見えたので、室町幕府から遠ざけることにしたのです。

そのことをきっかけに大徳寺は幕府や朝廷などの権威から支援や援助を受ける道を離れて自立の道を歩むことになり、商人や庶民から支持を受けるお寺として発展します。
大徳寺から今宮神社へ続く道
▲大徳寺から今宮神社へ続く道

大徳寺と千利休の縁

特に戦国時代には日本で最も繁栄していた商業都市である大阪の堺の商人達から支持を受けたことで発展しました。
当時の堺は鉄砲の生産地として栄えていたことから織田信長や豊臣秀吉などの戦国武将との付き合いが深く、堺の商人達は戦国武将達に武器を販売する無くてはならない存在へと地位を高めていきました。

そのため堺の商人達の地位が上がるにつれて、彼らが支持する大徳寺の地位も再び向上していくことになりました。千利休と言えば茶人として知られていますが、元々は信長や秀吉に武器を販売する商人として表舞台に登場したのでした。
高桐院の茶室

▲高桐院の茶室

千利休が切腹した理由

大徳寺には千利休が豊臣秀吉によって切腹を命じられる原因となった建物があることで知られています。
金毛閣(きんもうかく)と呼ばれる山門の2階には千利休の木造が安置してあったことから秀吉の怒りを買うことになったと言われています。

大徳寺は千利休と深い繋がりがあるだけでなく、秀吉も信長のお墓を大徳寺の境内に造るなど大徳寺とは太い関係を持っており大徳寺にもよく参拝していました。
大徳寺に参拝する人は必ず金毛閣の下を通って境内に入ることから、秀吉も大徳寺に参拝するたびに金毛閣を通っていました。

金毛閣はもともと1階建てだったのですが、秀吉に重用されたことで地位を得た千利休は大徳寺も管理するようになり、金毛閣を2階建てに改築しました。
その際に千利休の功績を称える目的で利休の姿を模した木造を造り、金毛閣の2階に安置していたのでした。

スポンサードリンク

大徳寺の金毛閣側面
▲金毛閣の側面

ところが何故か秀吉の耳に千利休の木造の存在が伝わると、秀吉は金毛閣を通る度に千利休の足に踏まれていたのか!と怒り出し、千利休に切腹を命じたのでした。

以上が千利休が秀吉に切腹を命じられた一般的な理由になりますが、外から利休像があることは見えないので誰が秀吉に利休像の存在を伝えたのかは謎です。
また利休が切腹させられたのは、秀吉による朝鮮侵略を利休が反対したからとの説もあるのですが真実は謎となっています。
大徳寺塔頭総見院
▲大徳寺塔頭の総見院

大徳寺は観光客の特徴

大徳寺は塔頭(たっちゅう)と呼ばれる大徳寺で学ぶ僧侶が大徳寺の境内に建てた小さな院が集まって構成されています。秀吉が建てた信長のお墓のある総見院や、細川家の菩提寺である高桐院、庭園が有名な大仙院が有名どころでしょうか。

しかしながら通年で公開している塔頭は限られていまして、あまり観光客のために開かれたお寺ではないので訪れる人もあまりいないです。
そのため戦国時代が好きで大徳寺を訪れた人は、あまりに観光に力を入れていない雰囲気に戸惑うかもしれません。私は観光客が少ないほうが有り難いと感じますが。。。

大徳寺へのアクセス方法

大徳寺へは京都駅から地下鉄で北大路駅で降りた後、大徳寺行きのバスに乗って到着。
大徳寺を見終わった後は、近くにある今宮神社であぶり餅を頂くことをおススメです。