京都の歴史修学旅行レポート

京都豊国神社の歴史|徳川家康が破壊して明治時代が再建した神社

豊国神社参道

豊国神社鳥居
▲鳥居

豊国神社の歴史を修学旅行レポートとして。

今回は京都にある豊国神社の歴史について記事にしました。

豊国神社(とよくに神社)は豊臣秀吉を祀る神社。
現在の神社は明治政府が再建していますが。
その前身である豊国廟は秀吉の死後すぐに建てられました。

豊国神社の歴史

①現在の形は明治時代の再建版
②前身は豊国廟
③徳川家康による破壊
④明治政府による再建

豊国神社の石碑
▲石碑

誰が豊国神社を建てのか?

現在の豊国神社は明治政府によって再建された神社です。
明治元年の1868年のこと。

明治政府は憎き江戸幕府への仕返しとして。
徳川家康が豊臣家を滅ぼした時に破壊した豊国廟を復活させました。

現在の豊国神社のある土地は方広寺の境内でしたが。
南禅寺の塔頭である金地院の唐門を移築するなどして。
豊国神社を明治時代に復活させました。

方広寺の鐘堂
京都方広寺の歴史|鐘銘事件きっかけで豊臣家滅亡へ ▲あの鐘 方広寺の歴史を修学旅行レポート。 今回は京都にある方広寺(ほうこうじ)の歴史について。 豊臣家滅亡のきっか...

豊国廟の拝殿
▲豊国廟の拝殿

前身の豊国廟の歴史

豊国神社の前身に豊国廟があります。
豊臣秀吉が亡くなった1598年の翌年1599年に秀吉の家臣達によって建てられました。

現在の豊国神社の東にある阿弥陀カ峰に秀吉の遺体が埋葬されまして。
現在の京都女子大学から京都国立博物館までを含む土地が秀吉を祀る巨大なエリアでした。

当時の天皇だった後陽成天皇は「豊国大明神」の神号を豊国廟に与えましたので。
朝廷から公式に認められた神社として存在していました。

豊国神社の唐門
▲唐門

徳川家康による破壊

ところが大阪冬の陣、夏の陣で豊臣家を滅亡した徳川家康は豊国廟を破壊します。
豊国廟や秀吉とゆかりのあるお寺や神社のほとんどが破壊され。
家康と繋がりの深い僧侶達の手によって別の宗派のお寺に建替えられる等。
徹底的な豊臣家排除が実施されました。

豊臣秀吉肖像画
▲豊臣秀吉肖像画 wikipediaよりお借りしました。

京都では人気者だった秀吉

ちなみに。
徳川家康によって取り壊される前の豊国廟は京都の人からも厚く信仰されていました。
特に秀吉が亡くなった8月18日には毎年「豊国祭」が行われ、多くの人が集まり盛大なお祭り騒ぎとなっていたと言われています。その様子は「豊国祭図屏風」と呼ばれる美術品にも描かれました。

本能寺の変の後に明智光秀を討ち取った秀吉によって統治されていた京都はとても平和な町だったと言われています。
秀吉は町中にたくさんの金銀を配ったり、豪華な自分の家を建てたり、その家に当時の天皇である後陽成天皇を招く際には豪華な行列を伴って町全体で行われる一大イベントのようなことをしたり、北野天満宮では誰でも参加できるお茶会を開催して黄金の茶室を披露したり秀吉自らが庶民に対してもお茶を提供したりと、気前良く派手なイベントを行う秀吉は京都人からも人気があり、町も平和に保たれていました。

豊国神社の鳥居
▲豊国神社の鳥居

明治政府が豊国神社を再建した理由

現在の豊国神社は徳川家康によって取り壊された後に明治政府によって再建された建物になりますが、明治政府はなぜ豊国神社を再建させたのでしょうか?

江戸時代は豊臣家と敵対する徳川家康によって統治されていたこともあり、豊臣秀吉のことを評価したり良く言うことは好ましくありませんでした。
しかし明治時代になると秀吉の評価は逆転し、日本史に登場する人物の中でも高い人気を持つ人となりました。

そして明治天皇も秀吉の功績を評価して豊国神社を再建することを命じ、豊国神社は別格官幣社と呼ばれる優れた歴史上の人物が祀られる神社に格付けされたのでした。

豊国神社国宝唐門
▲国宝の唐門

明治政府が秀吉を称賛しなければならない理由

豊臣秀吉は現代においても人気のある歴史上の人物ですよね?

農民として生まれながらも織田信長の部下として大活躍をし、最後には日本を統一するまでの大出世を果たした日本史上で最も出世した人物となります。しかし明治時代に秀吉が特に評価された功績は朝鮮半島に進出した文禄・慶長の役でした。

明治時代になると日本は欧米の文化や技術を学び、急激に近代国家への道を歩みました。
当時の世界情勢は欧米諸国によってアフリカやアジア諸国は植民地化されており、日本もいずれ植民地にされてしまう危機感を明治政府は持ち、富国強兵政策を唱えて武士ではなく一般市民も徴兵制度によって軍隊に入隊することが義務付けられたことを学校の授業でも習いました。

 豊国神社唐門の鯉
▲唐門に描かれる鯉 出世のご利益があると言われている。

近代国家へ向かうための教育

学校の授業で徴兵制のことを習った時は「今の時代に生まれて本当良かった。(^^;)」と思いましたが、実際の当時の人々は大変でした。

江戸時代にはしっかりとした身分制度が存在していたのに、明治政府が誕生した途端に武士でもない普通の庶民も軍隊に入り、戦争が起きれば武器を手に取って命を懸けて戦わなければならないのです。もちろん当時の人達だって簡単に状況を納得できた訳ではありません。

そこで明治政府は徴兵制度という仕組みを作るだけでなく、人々の気持ちや精神面も変えることを考えました。それが明治政府によって創設された教育令や神社制度です。

現代のように日本人は全て学校に通うことで基礎的な知識を習得すると共に、歴史の授業では秀吉の功績を称え、秀吉を神様として祀る神社を建設することで植民地化されることを防ぐために他国に侵攻することを肯定する、欧米諸国のように日本も領土を拡大することを良いことであると思ってもらう必要がありました。
日本の歴史の中でも大々的に他国に侵攻したのは秀吉しかいませんでしたので、秀吉の功績を肯定的に評価することにしたのです。

豊国神社鳥居
▲豊国神社を正面から。

明治政府になってから日本は日清戦争や日露戦争等、日本以外の土地で戦争をして他国の領土を獲得していきました。当時の世界では欧米諸国はアフリカやアジアなどの国を攻めて植民地にしており、日本も植民地にされる可能性がありましたので、当時の社会では他国に侵攻することは正当化されました。
そのため明治政府は欧米諸国から植民地にされないためにも日本も他国の領土を奪うことで日本を守る意識を国民に浸透させる必要があった訳です。

現在の豊国神社は単純に秀吉が神様として祀られている神社として人気がありますが、明治時代に政府の思惑が込められていたことを知る人は少ないでしょう。。。

豊国神社へのアクセス方法

豊国神社は三十三間堂や京都国立博物館から徒歩5分の場所にありますので、京都駅前のバスターミナルから三十三間堂行きのバスで三十三間堂前で降りるのが最短かと。

ちなみに私の場合は京都駅から歩いて向かうことが多いです。
徒歩の場合は約20分ほどかかりますけども、歩くことが苦にならない方は徒歩でも行くことができますよ。