京都グルメ

二條若狭屋の栗和菓子|私はやき栗派!

二條若狭屋のやき栗断面

二條若狭屋のやき栗断面
▲二條若狭屋のやき栗の断面

二條若狭屋のやき栗

こんにちは。
今回は二條若狭屋に行ってきました。

二條若狭屋(にじょうわかさ屋)は栗の和菓子で知られるお店。
お店から徒歩5分で世界遺産の二条城に行けますので、是非とも二条城へ観光するなら二條若狭屋の栗の和菓子を食べてみて欲しいと思います。

さっそく二條若狭屋の栗和菓子を食べた感想を言うと。
「今まで食べた栗の和菓子の中では一番美味しい!また食べに来たい」です。

美味しいだけでなく、どこか品のある和菓子だと思いましたし、二条城に行くなら是非とも足を運んで欲しいなと思いました。
八つ橋に代わる京都土産としてもおススメです。

二條若狭屋外観
▲お店の外観

あなたはやき栗、ふく栗どっち派ですか?

二條若狭屋には「やき栗」と「ふく栗」の2種類の栗菓子があります。
なにげなく2つを見ると一粒の栗のように見えるのですが、よく見ると素材のままの栗じゃないところが面白いです。
どちらも中には一粒の栗が入っていますが、外見は栗餡と羊羹で作られています。
あえて見た目が本物の栗に見えるように作られているんです。

二條若狭屋やき栗
▲やき栗

普通に栗を食べるだけで満足できない人に向けて

どちらも美味しかったのですが、
「普通に栗を食べたらいいのに。」と思ったりしなくもないですね。。。
食べながらクスッと笑みがこぼれてきました。
「なんでこんなお菓子を作ろうと思ったのか?」
「なぜ素材のままの栗を食べることで満足できなかったのか?」

自然が生んだ栗というスイーツに対して。
和菓子職人のあくなき自然への挑戦なのか、遊び心が生んだ和菓子なのか?
とりあえず美味しかったから満足しました。是非また食べたいと思いました。

二條若狭屋ふく栗
▲ふく栗

やき栗の正体

やき栗は大粒の栗を栗餡で包んだ後に、表面を焼いた和菓子。
本当に表面に少し焦げ目があり、栗の甘さと栗餡の甘さのダブルパンチに幸せを感じます。後味もスッキリしてて、パクパク次から次へと食べることができちゃいます。
私はふく栗よりもやき栗のほうが好きです。




ふく栗の断面
▲ふく栗の断面

ふく栗の正体

ふく栗も大粒の栗が栗餡で包まれているのですが、やき栗と違って栗餡の上からさらに「こし餡」で包まれています。
そして一番外側を羊羹でコーティングすることで艶がでています。
本物の栗というよりは、マンガみたいな栗で可愛らしいです。
やき栗よりも重厚な甘さで、1個だけ食べて満足できます。

二條若狭屋本店へのアクセス方法

二條若狭屋は二条城から徒歩5分ほどで到着できます。
京都駅から二条城へはバスで行くのがシンプルです。
二条城を見た後に二条通りを東へ行くとお店の前につきます。
(京都駅からバスで二条城前まで乗車時間:13分 乗車賃:230円)