京都移住

京都で仕事探し体験談|10社以上の不採用通知でも諦めずに粘り勝ち

京都仕事探し

リクルートエージェント名古屋
▲リクルートエージェント名古屋

京都移住するための仕事探し

今回は京都移住するために仕事探しで苦労した話。

私は2018年1月に京都移住しました。
京都の中小企業に転職することで移住を実現しまして。
縁もゆかりも無い京都の企業に採用して貰えました。

京都で仕事探し

①転職エージェント会社が便利
②ハローワークは最後の手段
③交通費の負担大
④志望動機での苦労
⑤不採用続きでメンタルが辛い
⑥モチベーション維持の方法
⑥京都移住を検討の方へ

普通の会社員が京都移住した方法
普通の会社員が京都移住する一般的な方法 ▲リクルートエージェント名古屋支店 普通の会社員が京都移住した方法 今回は普通の会社員が京都移住する方法について。 ...
京都移住理由
京都に住みたい理由|移住を夢見てから退職するまで悩み続けた6年間 ▲祇園白川 京都に住みたかった理由 今回は私が京都移住した理由について。 私は2018年1月に京都移住しました。 ...


▲清水寺

京都に仕事は腐るほどある

まず京都には仕事はたくさんあります。
京都には大企業もたくさんありますし、
求人自体は大量にあります。笑

そして大企業から中小零細企業までの仕事を紹介してくれるのが、
㈱リクルート等の大企業が運営する転職エージェント会社です。

有名なところですと。
リクルートエージェントやduda、マイナビ等があります。
私はリクルートエージェントに登録して京都の企業に採用して貰いましたが。
移住後にも別の京都の会社に転職することになった際も。
リクルートエージェントにお世話になりました。

京都にコネがある方は別として。
多くの方は転職エージェント会社に登録して仕事を探すが吉。
仕事探し自体は誰でも簡単にできます。
※採用されるかどうかは個人の力量次第です。

京都タワー
▲京都タワー

ハローワークは最後の手段

仕事探しと言えば、ハローワークも手段の1つだと思いますが。
個人的には民間の転職エージェント会社を利用した結果。
どこの企業からも不採用になった場合の最後の手段として利用したいと思っています。

理由はハローワークは企業側が無料で求人を応募できてしまうからです。
転職希望者は転職エージェント会社もハローワークも無料で利用できますが。
採用する企業側は転職エージェント会社に多額の費用を払っています。

つまり転職エージェント会社を利用して求人募集している企業は、
ハローワークを利用している企業よりも採用にお金を掛けています。
言い換えれば採用にお金を掛けることができる、
財務体質的にも安定している可能性が高いと考えています。

実際に私の場合は京都で最初に勤めた企業も転職した企業も、
夏と冬のボーナスで最低でも各2カ月分、年間で4カ月分の支給がありました♪

京都の中小企業の財務体質を部外者の私達が知ることはできないので
一概にそうとは言えないですが、ブラック企業を避けるためにも
大手の転職エージェント会社を利用することをオススメします。


▲月鉾

交通費は自己負担

さて。
ここからは苦労話。
苦労したところの1つは交通費の負担が大きいです。涙

転職エージェント会社やハローワークから仕事を紹介して貰うのは無料ですが。
実際に面接を受ける際の交通費は自己負担になります。

私は愛知県から京都まで新幹線を利用して転職活動をしましたが。
面接を受ける度に往復1万円が必要でした。
京都から遠い方ほど交通費が高くなりますので。
転職活動資金を貯めないといけません。

八坂の塔ライトアップ消灯後
▲八坂の塔

コロナ以降はリモート面接も可能に

私が京都移住した頃は企業に訪問して面接を受けることが当たり前でしたが。
コロナ禍以降はリモート面接がかなり普及したおかげで。
京都から遠く離れた方でも転職活動ができると思います。

1次、2次面接はリモートで、最終面接は京都で行うなど。
京都から離れた場所でも面接を受けることが可能になっています。

私は京都移住後にさらに別の京都の企業に転職したのですが。
その時はリモート面接の割合が激増しました。笑

京都から離れたところにお住まいの方も。
遠方から仕事探しができる可能性がありますので。
転職エージェント会社に相談してみる価値はあると思います。

新緑の南禅寺三門
▲南禅寺

京都人に京都移住の夢は全く共感されない

続いての苦労が志望動機です。

面接の際に必ず「なぜ京都の企業に応募したの?」と聞かれる訳ですが。
正直に言えば、京都に住みたいからです!

ところが京都人にこれを言っても全く共感されないのです。
歓迎されることもありません。笑

優秀な方は何を言っても採用されるから問題ないのですが。
私のような仕事の実績も実力も無い人は、ふざけてると思われます。

実際に。
「京都移住したいのはあなたの勝手ですが、あなたを採用することでどんな利益があるのか、もっと訴えて下さいよ!私達は即戦力が欲しいんですよ!あなたを採用しても何のメリットも無いですよ!」
と面接で怒られたり、失笑されたこともありました。

それは当然の話で。
中途採用では即戦力、実力を企業は求めていますし。
京都人にとって生まれてから京都に住むことが当たり前なので。
移住したいと伝えても「変な人」が面接に来たという空気になりました。

終電間近の京都駅
▲終電前の京都駅

企業の志望動機は無い

続いて企業の志望動機にも苦労しました。

「なぜ面接を受ける企業に入りたいのか?」
はっきり言って志望動機など無い訳です。
京都移住したいだけ。

最初の内はそれなりの志望動機を考えて面接に臨みましたが。
本音は面接官にバレてしまいました。

面接で落ちた時は転職エージェント会社のキャリアアドバイザー様が、
私の代わりに企業に不採用の理由を聞いてくれたのですが。
(このシステムが転職エージェントに登録するメリットの一つ。)
一番多かった理由は「弊社の志望度が低い」「弊社でなくても良いと感じる」でした。

まさにその通り。
私の本音は企業の面接者に見透かされてしまいました。

スタバ三条大橋店1階
▲スターバックス三条大橋店

正直に京都移住したいと言い続けることにした

正直に言って。
わざわざ会社を辞めて京都の企業に転職する理由なんて。
私には京都移住したい以外には無い!笑

どんなに馬鹿にされようとも。
正直に京都移住したい思いを面接の時にぶつける道を私は選びました。

数十社の不採用通知を受け取る度に落ち込みましたが。
1社だけが内定を出してくれたんです。
その1社のおかげで私は京都移住することができました。

その時に面接して頂いた方が今の私の上司になります。
後日談として「こいつ京都に住みたいだけやろ?」「なんでそんなに京都に住みたいのか?わからへんかったな。」と面接した時に思ったそうです。笑

でも前職の仕事内容や経験、面接での私の受け答えを見て、他の面接者と比べて私が一番良かったから採用してくれたそうです。

なので。
理想は志望動機を面接する企業に入りたい理由をしっかり語れるようにするべきです。
でも私のように正直に京都移住したい気持ちを語っても、私の経歴や経験を評価してくれる企業も少なからずあることがわかりました。

千本鳥居左側通行中
▲千本鳥居

不採用通知に諦めるな!誰でも移住できる

せっかく書類審査が通り。
新幹線に乗って面接を受けて不採用が続くと辛いです。

退職してから転職活動すると収入がない焦り。
新幹線の交通費があっという間に積み上がる。
どんどん心が病んできます。

でも諦めなければ1社は内定をくれると信じて頑張って下さい。
京都移住する人は周囲にいないと思いますが。
私のような京都好きバカがいることも知って頂きたい。笑

本満寺枝垂れ桜
▲本満寺

京都移住をご検討の方へ

今回は京都移住する際の転職活動の苦労話をさせて頂きました。
あくまで1例として参考になれば嬉しいです。

私は京都移住したいと誰にも相談できませんでした。
両親はもちろんのこと、友達にも反対されましたので。
勝手に自分の中で諦めて、モヤモヤした気持ちのまま生活していました。

でも6年間溜めたモヤモヤが爆発してしまい、
衝動的にリクルートエージェントに登録して話を聞きに行ったことで
一気に京都移住が具体的な話になりました。

結果的に早く転職エージェント会社に相談しに行けば良かったと思いました。
もちろん人それぞれの方法があると思いますが。
会社員の方は転職エージェント会社に相談しに行くのをオススメします。

想像してたより実現できるかもと思えれば活動を開始したら良いですし、
難しいかもと思えば、スパッと諦めて今の仕事で頑張る決断をすれば良いのです。
とりあえずモヤモヤした日々から解放されると思います。

私が言いたいことは本当に京都移住したいなら誰でもできると思います♪
なんとかなります。
とにかく粘り強く頑張れば必ず道は開かれる。