京都グルメ

名月堂のニッキ餅|ガムみたいに伸びるお餅の謎

名月堂のニッキ餅

名月堂のニッキ餅
▲名月堂のニッキ餅。右は抹茶味。

名月堂のニッキ餅

こんにちは。
今回は名月堂のニッキ餅を買ってきました。

名月堂(めいげつどう)は祇園の宮川町にある和菓子屋さん。
ニッキ餅という名前のお餅が看板商品のお店です。
観光雑誌でニッキ餅が掲載されてたのを見て行ってきた次第です。

さっそくニッキ餅を食べた感想を言うと。
「ガムみたいに伸びる餅!新食感!本当にお餅なのか?」
「餡が入ってないので、お餅だけだと物足りないかも」です。

名月堂のニッキ餅伸びる
▲ニッキ餅を橋で挟むと柔らかさが伝わるかな。

ニッキ餅はガムみたいによく伸びる

とにかくお餅がよく伸びることに驚きました。
お餅というよりもガムみたいに伸びます。
本当にただのお餅なのでしょうか?笑
ニッキ餅を食べながら、お餅とは別の何かを食べているような不思議な気持ちになりました。

ニッキ餅を最初の一口、二口と食べている時はその新しい食感とニッキの味に美味しいかも!?と思ったのですが、最後の一口の時には味に飽きてきていました。
飽きる理由の一つはお餅一個の大きさが意外と大きくて、ボリュームが多いぶん食べ切る前に「もう十分だ。。。」とお腹が満たされるからです。

ニッキ餅
▲ニッキ餅は伸びる

お餅の中には餡もない

もう一つの理由はニッキ餅は中身に餡などが入っていないので、味が単調だと思いました。
もう少しサイズが小さいほうが手軽にパクパク食べることができると思いますし、味に変化があるほうが食べ切ることができると思いました。

私の地元は愛知県の名古屋になるのですが、ニッキ餅を食べていると名古屋名物の「ういろう」を思い出しました。
ういろうも中身に餡などが入っていなくて、色が付けられた寒天だけのお菓子です。
ういろうなんかと京都の和菓子を一緒にするなと怒られそうですが、私はニッキ餅とういろうに似ているところがあると感じました。

名月堂の外観
▲外観
名月堂の店内
▲店内の雰囲気

お店の見た目が好きじゃない。

名月堂は祇園の宮川町にあるのですが、お店の見た目が少し私の想像と違いました。
京都の祇園にある人気の和菓子屋さんと聞けば、品があって、オシャレな雰囲気のお店なのかなと期待していたのですが、名月堂さんは全く違いました。

お店の前には植物がたくさん並んでいて、お店の中には水槽がたくさん並んでいるという謎の状態でした。笑
町の和菓子屋さんという雰囲気が好きな方もいると思いますが、私は少し不満でした。
名月堂さんの前に着いた時、私はお店に入るのを躊躇しました。(^^;)
「えっ!?ここ?」みたいな。。。

名月堂へのアクセス方法

名月堂は祇園の宮川町にあり、四条通りから南へ約10分ほど歩くと到着です。
(京都駅からバスで京阪四条まで乗車時間:15分 乗車賃:230円)