京都グルメ

鍵善良房の生菓子|祇園の老舗ならではの味と気品

鍵善良房小菊

鍵善良房四条本店
▲鍵善良房四条本店前

鍵善良房でしか味わえない祇園の味

こんにちは。
今回は祇園にある和菓子屋さん「鍵善良房」に行ってきました。

鍵善良房(かぎぜんよしふさ)は祇園のど真ん中にある和菓子屋さん。
江戸時代から祇園で営業を続ける老舗です。

鍵善良房と言えば「くずきり」が有名なのですが、私は生菓子を購入しました。
私にとって和菓子と言えば生菓子!って感じなので、空気を読まずに買ってきました。

さっそく生菓子を頂いた感想を言うと。
「見た目も美しく、味も美味しい!」
「是非また来たい!京都にある和菓子屋さんの中でも上位にくる美味しさ」
と思いました。

鍵善良房店内
▲店内の雰囲気

見た目も美しく、味も美味しいだけでなく品がある

まず素晴らしいと思ったのは和菓子の見た目の美しさです。
すごく丁寧に作られていて、美しさの完成度が他店に比べても高いと思いました。

私はただの素人ですけど、京都の和菓子屋さんには普通の人よりは数多く足を運んでると思います。笑
そんな素人目線の私でも、他店と比較しても鍵善良房の和菓子に美しさを感じました。

祇園という街がそうさせるのか、美しいから祇園にお店があるのか?
今まで食べた和菓子の中でも一番美しく、気品のある雰囲気が漂っています。
食べてしまうのがもったいなく感じてしまう。

でも食欲には勝てないので、結局はすぐに食べちゃうけどね。。。笑

鍵善良房生菓子380円
▲生菓子は一つ380円
鍵善良房桔梗
▲桔梗

私が買った和菓子は3つ。

1つ目は桔梗(ききょう)という名前の和菓子。
中身が白こしあんになっているのもオシャレ。
花びらの部分は肉厚でぷにぷにした食感がたまりませぬ。笑

口に入れた瞬間にコレ美味いって感じました。
おかわり希望です。

鍵善良房小菊
▲小菊

2つ目は小菊という名前の和菓子

こちらも見た目が綺麗。
中身はこしあんで、味まで品がある感じ。
これもおかわりしたいです。

鍵善良房秋の音色
▲秋の音色

3つ目は秋の音色という名前。

こちらは名前が良いと思ったのと、おそらく夜空に浮かぶ月をイメージした見た目が面白いと思って選びました。
見た目から味が予想できなくて気になりすぎました。

味は不味くはないですけど、最初の2つのほうが圧倒的に美味しいと思いました。
もう一回は無いなって感じです。

鍵善良房店内
▲店内

デパートに出店しない方針を貫くお店。

鍵善良房は高島屋や大丸など百貨店にあえて出店しないそうです。
だから祇園に来ないと鍵善良房の和菓子を味わうことができません。

京都には多くの和菓子屋さんがありますが、京都駅の伊勢丹や河原町の高島屋、四条烏丸の大丸に出店しています。
だから本店に行かなくても百貨店で欲しいものがほとんど買えるようになっています。

鍵善良房の人気や美味しさを考えたら、絶対に百貨店に出店してると思いきや、まさかの出店せず。
だからこそ逆に行きたくなります。笑
祇園界隈に行く際は、またお店に行って和菓子を買いたいと思います。

鍵善良房四条本店への行き方

鍵善良房は八坂神社からも近い場所、四条通り沿いにお店があります。
また喫茶店も隣接しているので、清水寺や八坂神社、祇園界隈を観光する際のひと休みにも利用できるのも嬉しい存在。

京都駅から行く場合はバスで祇園界隈行きのバスに乗れば1本で行くことができます。