京都グルメ

河道屋の蕎麦ぼうるをお土産に。両親に凄く喜んで貰えました。

河道屋の蕎麦ぼうる

河道屋の暖簾
▲河道屋の暖簾

河道屋の蕎麦ぼうる

こんにちは。
今回は蕎麦ぼうるで有名な河道屋に行ってきました。

今回は実家の両親のために京都土産として蕎麦ぼうるを買いに行きました。
京都土産の定番である生八つ橋に飽きたこともあり、いつもと違うお土産にしようと思って河道屋を訪れました。

最近では生八ツ橋の代わりに阿闍梨餅(あじゃり餅)をお土産にすることが多かったのですが、私の両親はあまり甘すぎるお菓子は苦手なこともあり、何か別のお土産を探していました。

河道屋の蕎麦ぼうる
▲蕎麦ぼうる

両親やおばあちゃん・おじいちゃんへの京都土産に。

蕎麦ぼうろもお菓子ですが、蕎麦粉が含まれていることから香ばしい蕎麦の香りを感じる大人のお菓子な気がします。
一般的なお菓子と比べると甘さ控えめで、蕎麦粉が含まれていると何だか健康的な雰囲気が良いと思いました。

蕎麦ぼうる自体はコンビニやスーパーなどでも売っている一般的なお菓子ですが、わざわざ京都の老舗蕎麦屋さんの蕎麦菓子と伝えると、両親も興味深々でした。笑

河道屋の看板
▲河道屋の看板

八つ橋の代わりのお土産として大成功

河道屋では丁寧に箱に蕎麦ぼうるを包んでくれるので、たかが蕎麦ぼうると言えども高級お菓子のような雰囲気を纏っています。

両親も「やっぱり本物は違うな(^^♪」と何だか嬉しそうに箱を開けていました。
この時点でもお土産として蕎麦ぼうるを選んで大成功です。

そして蕎麦ぼうるはとても美味しかったです。
やっぱりコンビニやスーパーで売っているものとは一味違いました。
見た目の美しさだけでなく、甘さ控えめな上品な味にも満足できました。

河道屋の外観
▲店構え

上品な味に満足

どうしてスーパーで売っているものと違いが生まれるのでしょうか?
蕎麦ぼうると言えども、味の良し悪しにこんなにも差が出るとは驚きです。

両親にも「また買ってきて(^^♪」と言ってもらえたので良かったです。
私自身もまた食べたいと思ったので、お土産のためだけでなく、河道屋の近くに立ち寄ったら買いたいと思います。

本店は烏丸御池駅から徒歩10ほどの場所にありますが、京都駅の伊勢丹でも購入できます。

河道屋へのアクセス方法

京都駅から市営地下鉄で烏丸御池駅で降りると駅から徒歩10分で到着です。
(京都駅から烏丸御池駅までは3駅。乗車時間5分。乗車賃210円。)

烏丸御池駅から徒歩5分ほどで同じく蕎麦屋さんの老舗「本家尾張屋」もあります。
尾張屋でも蕎麦ぼうるを販売していますので、河道屋とどちらか美味しいのか比べてみたいです。