京都旅行記

瑠璃光院|拝観料の高さと混雑ぶりに衝撃。

瑠璃光院リフレクション

瑠璃光院青もみじ
▲瑠璃光院の青もみじ

瑠璃光院旅行記~絶賛と本音~

こんにちは。
今回は紅葉や青もみじの美しさで名高い瑠璃光院の旅行体験記です。

瑠璃光院(るりこういん)は京都にある観光名所の中でも美しさにおいて名高い場所です。
京都特集が組まれた雑誌やテレビ、SNSなどで机に紅葉や青もみじが反射した美しい光景を見たことがある人も多いのではないでしょうか。

瑠璃光院は京都都心部から離れた場所に位置しながらも、紅葉の時期には観光客が年々増えている印象を受けます。
紅葉の見頃時期には入場規制をするほどの混雑ぶりで、初めて瑠璃光院を訪れる人は「なぜ人里離れた場所にこんなにも人が集まっているのか!?」と衝撃を受けるに違いありません。

特に紅葉シーズンに瑠璃光院を訪れる際は、是非とも早朝に行くことをおススメします。

永観堂境内混雑
京都の混雑BEST3|行列だらけで嫌になっちゃう場所 ▲東福寺の通天橋でギュウギュウ詰め 京都で驚いた混雑スポットBEST3 こんにちは。 今回は京都で経験したトンデモ混雑BE...

瑠璃光院山門
▲山門

拝観料2000円の衝撃

瑠璃光院と言えば、その美しさだけでなく拝観料の高さも衝撃的です。
そのお値段は、なんと一人2,000円!!!

瑠璃光院の受付で拝観料を聞いた時の衝撃は忘れることができません。笑
人によってはあまりの値段の高さに怒りがこみ上げてくると思いますので、訪れる際は一緒に行く人に拝観料の値段を事前に伝えておくべき。
瑠璃光院リフレクション
▲青もみじ

お金でケンカしないために下調べ。

私が訪れた時にいたカップルは、入口の時点で彼氏さんが拝観料の高さに不満を持ってしまい、その後にいくら美しい景色を見ても二人は終始気まずい雰囲気でした。。。(^^;)

いくら美しい景色が待っていたとしても、2000円も拝観料が必要となれば話は別。
何にお金を使うか、お金に対する価値観は人によって違うので、人と一緒に瑠璃光院に行く場合は趣味や価値観が近い人と行くと気兼ねなく楽しめると思います。

秋の瑠璃光院
▲秋の瑠璃光院

一般公開は春先と秋のみ。

瑠璃光院は1年のうちの期間限定でしか拝観することができません。
個人的には期間限定という「レア感」「特別感」が、より多くの人が訪れる要因になっていると思います。

一般公開以外の時に瑠璃光院を訪れても、門が閉まっていて一切見ることができません。
5月と11月、特に紅葉シーズンの11月は大混雑で大変です。

瑠璃光院2階
▲5月は空いていますが、秋はレベルが違う混雑に。

綺麗な写真を撮るための終わりなき場所取り競争

瑠璃光院と言えば、机に反射した青もみじや紅葉が美しい光景が特徴です。
そのため青もみじや紅葉が机に反射した美しい写真を撮るために、観光客の皆様はカメラを構えてシャッターチャンスを狙っています。

瑠璃光院を訪れる人は写真を撮るために訪れたと言っても過言ではありません。
自分が思い描く満足いく写真を撮るために、いい場所を取る戦いが終わることはありません。
先にいいポジションで写真を撮っている人が移動すれば、すぐに空いた場所に次の人が陣取ります。その光景が永遠に続きます。
瑠璃光院青もみじ
▲#リフレクション

写真を撮るために瑠璃光院に行くのだ。

もしも写真に入る込む場所にボーっと座ったり、立ったりしてると、「そこをどけ!写真に写り込むだろーが!!!怒」と言わんばかりの視線を感じます。笑
そのため純粋に美しい風景と静かな時間を過ごしたいと思う人は、はっきりいって瑠璃光院は満足できない気がします。

シャッター音が途切れることはないですし、写真を撮りたい人が動き続けていますので、美しい風景を見ながら静かに時間を過ごすことはできないと思います。
特に紅葉シーズンの土日は行列ができるほどの大混雑になりますので、少しでも静かな時間を過ごしたい方は平日に訪れることをおススメします。

瑠璃光院へのアクセス方法

京都駅から瑠璃光院に行くのは結構な手間が必要です。
京都駅からJR奈良線で1駅先の東福寺駅で降りた後、京阪電車に乗り換えて出町柳まで行きます。そして出町柳駅で叡山電鉄に乗り換えて八瀬比叡山口駅で下車。駅から瑠璃光院までは徒歩5分で到着。