京都旅行記

宝泉院の額縁庭園と血天井を見てきた感想。

宝泉院庭園

宝泉院庭園
▲宝泉院の庭園

京都大原の宝泉院

こんにちは。
今回は大原にある宝泉院に行ってきました。

私が宝泉院(ほうせんいん)を訪れた目的は、血天井を見るためです。
血天井(ちてんじょう)とはその名前の通り、天井に血の跡が残っている恐ろしい天井のことを言います。

わざわざ人の血の跡を見に行くなんて、まるで事件でも起こしそうな怖い人なのか!?と思われてしまいそうですね。(^-^;
でも実は京都には宝泉院の他にも血天井を持つお寺が点在していまして、お寺によって温度差はありますが血天井を観光の目玉として積極的に宣伝しているところもあります。

宝泉院血天井
▲血天井

京都市内には血天井を持つお寺が複数ある

私は宝泉院とは別のお寺で初めて血天井を見ました。
その時は衝撃を強く受けまして、その日の夜寝る前に怖くて鳥肌が止まりませんでした。

しかしまた別のお寺で血天井を見る機会があり、その時は少し慣れていたこともあって「あっ。またか。。。」と思う程度になっていましたし、その日の夜は良く眠れました。
さらに別のお寺で血天井を見た時には何も感じなくなっていました。笑
むしろ、このお寺の血天井は前のお寺のよりも迫力に欠けるな。。。と冷静に比較できるようになってしまったのです。

そして3回も血天井を見てしまうと、京都にある他の血天井も全部見ておこうかなという気持ちになっていたのです。また血天井は観光で儲けるための偽物という説があることも知りました。
私にとっては宝泉院が京都市内に点在する血天井の最後の一つになっていました。

宝泉院五葉の松
▲五葉の松

宝泉院の血天井はいまいち。

というわけで宝泉院の血天井を見た私の感想を一言で言うと「いまいち。。。」です。
他のお寺の血天井には足の形が分かる跡や手の跡が残っていたりするのですが、宝泉院の血天井にはそのようなインパクトのある跡は無かったです。

宝泉院で初めて血天井を見た人なら、きっと怖くなってお寺から出たくなるかもしれません。むしろそのリアクションが普通ですよね。(^-^;
でも私の場合は既に他のお寺で血天井を見ているので、血天井に対する免疫ができてしまいました。

ちなみに宝泉院は庭園が美しいことでも知られているので、デートで来ている人もいます。
でも庭園を眺めながら二人で肩を並べて良い雰囲気の途中で、ふと天井を見たら血の跡がビッシリだったらデートも台無しになっちゃいそうです。(^-^;

宝泉院額縁庭園
▲庭園

五葉の松と額縁庭園の美しさ

宝泉院には五葉の松と呼ばれる樹齢約700年の松が見所の一つです。
五葉の松は京都市の天然記念物にも指定されています。
ただし私が訪れた時は五葉の松が見れなくて残念な感じでしたけど。。。( ;∀;)

また宝泉院の庭園は建物の柱と柱の間の空間を額に見たてて鑑賞する額縁庭園も見所の一つです。
京都に限らず美しい額縁庭園は写真を撮ってみたい衝動に駆られてしまいます。笑
宝泉院では写真撮影が禁止されていないので、思う存分に写真を撮ることができます。

宝泉院山門
▲入口

外国人観光客にも人気

私が宝泉院を訪れた時には中国人観光客がたくさんいて驚きました。
最近の京都の都心部は海外からの観光客で毎日溢れているのが日常となっていますが、わざわざ都心部から離れた京都大原エリアまで外国人観光客が来るんだと驚きました。

宝泉院のある大原エリアは確かに日本人にとっても観光名所ですが、日本人でもわざわざ訪れる人は限られていると思います。
清水寺や金閣寺などの定番スポットだけでは飽き足らない、京都好きな人が大原エリアまで足を運ぶものだと勝手に思っていたので、外国人観光客まで訪れる場所になっていて一体何を見て大原まで来ているのか気になります。

海外のテレビ等で大原が紹介されているのでしょうか?
海外の方に日本のことに興味を持って頂けるのは嬉しい反面、静かに観光できる場所はどんどん減っています。
そういう私も京都の外に住む観光客なので、京都の方には「お前が言うな」と怒られそうですが。。。(^-^;
もう京都市内には穴場と呼べる場所は残っていないかもしれません。

宝泉院へのアクセス方法

宝泉院は大原エリアにありますので、近くの三千院門跡と一緒に観光することがオススメです。
言われなくてもそうすると思いますけど。(^-^;

京都駅から大原へはバスで行くしかありません。
京都駅前から大原行きのバスに乗りましょう。
(京都駅から大原までは乗車時間65分。乗車賃550円)