京都グルメ

亀末廣|京のよすが以外の和菓子を購入してみたよ。

亀末廣店内

亀末廣店内
▲亀末廣の店内の雰囲気

亀末廣は京のよすがだけじゃない

こんにちは。
今回は亀末廣へ行ってきました。

亀末廣(かめすえひろ)は和菓子屋さん。
1804年の江戸時代に創業した老舗和菓子屋さんです。

約200年以上前からお店が続いていることに驚きますが、歴史を感じさせる建物を目の当たりにすれば本当に江戸時代から続いているんだろうなぁと納得です。

さっそく亀末廣の感想を言うと。
「普通に美味しいし、是非また来たい!」
「他の和菓子も制覇したいなぁ」
と思いました。

遊形サロン・ド・テのわらび餅
京都わらび餅|移住者が選ぶオススメのお店リスト ▲亀屋則克のわらび餅 京都のわらび餅を移住者の私が好きな順に紹介 こんにちは。 今回は京都のわらび餅を私の好きな順に紹介し...

亀末廣外観
▲外観

老舗の雰囲気にドキドキが止まらない

亀末廣のお店の前に来ると、お店の雰囲気にドキドキします。
歴史を感じさせる看板や暖簾、そして着物姿のお客さんがたくさん出入りする光景。
私でもお店に入っていいのかな?と少し不安になりながらも暖簾をくぐりました。

お店の中に入るとさらにドキドキ。
ちょっと薄暗い雰囲気の中に和菓子が並べられていて、現代から昔にタイムスリップしてきたみたいな気持ちになります。

とりあえずどんな和菓子があるのか一通り見て、わらび餅などの生菓子を買うことに決めました。
亀末廣は昔から干菓子が美味しいことで有名なお店で、定番商品も生菓子よりも干菓子がオススメされています。
特に「京のよすが」と呼ばれる干菓子セットは雑誌などでも多く掲載されている看板商品。

でも私はあんまり干菓子が好きじゃなくて、わらじ餅を買ってしまいました。笑

亀屋良長の外観
京都亀屋ブランド|移住者が選ぶ屋号に亀屋が入る和菓子屋リスト ▲亀末廣(元 亀屋末廣)の外観 京都を代表する亀屋ブランドの和菓子屋さんリスト こんにちは。 今回は京都の和菓子屋を代表す...

亀末廣のわらび餅
▲わらび餅
亀末廣わらび餅こし餡
▲中身はこし餡

わらび餅ときんとんと花の和菓子

わらび餅以外にはきんとんも購入。
きんとんと花を模した和菓子は見た目が綺麗なので、食べるのがとっても楽しみ。
でも見た目が美しいと食べるのも躊躇してしまいます。

わらび餅は柔らかくて美味しく頂きました。
口に入れた瞬間にジュワっと溶けていく時は幸せです。
わらび餅一つを丸ごと口に入れると、口からこぼれてしまいそうになりますが、私はこの食べ方が好き。笑 なんか贅沢した気分になるのです。
下品でスイマセン。

やっぱり干菓子よりもお餅の和菓子が美味しい!

亀末廣きんとん
▲きんとん 写真だと暗いですが実際はもっと黄色でした。
亀末廣花の和菓子
▲花を模した和菓子

初めてのきんとん

きんとんは初めて食べたのですが、洋菓子でいうところのモンブランみたいな感じです。
餡で出来た細い糸のようなものが重なってできています。
お店によって色が違いまして、桜色や水色や黄緑色だったりと季節感を感じる和菓子です。

もう一つのピンクの花を模した和菓子はこし餡がつまってました。
私が思い描く和菓子のイメージぴったりのお菓子。
でもこちらは甘いだけって感じで、ちょっと苦手な感じでした。。。(^^;)

亀末廣きんとんのこし餡
▲きんとんの中身

亀末廣は百貨店の出店が無いのでお店に行くしかない

季節毎に生菓子はメニューが変わるそうなので、また別の季節に来たいです。
また亀末廣は百貨店に出店していないので、お店に来るしか購入することができないのが悩ましいですね。

もし初めて行く京都の和菓子屋さんが亀末廣だったら、その美味しさに感動していたに違いありません。
でも亀末廣に来る前に何店か京都の和菓子屋さんを訪れていることで、亀末廣と他の和菓子屋さんを比較してしまいました。

亀末廣店内
▲店内の雰囲気

他のお店との比較

私の個人的な感想では亀末廣よりも鶴屋吉信のほうが美味しかったです。
もちろん不味いという意味ではないです。
どちらも美味しいけど鶴屋吉信のほうが、より洗練された雰囲気で私は好きです。

亀末廣へのアクセス方法

お店は烏丸御池駅から徒歩3分の場所にあります。
烏丸御池駅の交差点から烏丸通の南を眺めますと、NHK京都とスターバックス京都三条烏丸ビル店が見えるはずです。さらに奥に見えるスタバ六角堂店ではないですよ。←注意
NHKとスタバの間に東西に走る道がありますので、その道(姉小路通り)を西へ行けばすぐに亀末廣に到着です。
(京都駅から烏丸御池駅まで乗車時間:6分 乗車賃:210円)