京都旅行記

常寂光寺の混雑状況レポ|紅葉時は異常な混雑に。それ以外は誰もいない。

常寂光寺山門

常寂光寺境内
▲常寂光寺は常に階段か斜面を登らなければならない。

常寂光寺の混雑状況レポート

こんにちは。
今回は常寂光寺の混雑状況についてレポートします。

常寂光寺は紅葉の美しい嵐山エリアで人気のお寺です。
私は常寂光寺が嵐山エリアで一番紅葉が美しいと思っています。
ぶっちぎりで、圧倒的に一番美しいと思います。

そして。
その美しさの代償として大混雑します。笑
狭い境内に観光客がギュウギュウ詰めになりながら、みんなで紅葉を楽しみます。

常寂光寺なんて歴史の教科書にも登場しないし、普通に生活しているだけなら絶対にその存在を知ること無いのに。
いったいどこから人がこんなに来るのでしょうか!?笑

常寂光寺の混雑状況

①紅葉シーズンは人で大混雑
②紅葉シーズン以外は人がいない
③紅葉シーズンに行くなら早朝に行け

伏見稲荷大社前の混雑
京都の混雑状況レポート|人口150万人都市に5000万人の観光客が押し寄せる現実 ▲伏見稲荷大社の混雑 京都の混雑状況レポート こんにちは。 今回は京都の混雑状況をレポートします。 最近の京都は...

常寂光寺山門
▲常寂光寺の山門前

紅葉時はアホほど人が来て大混雑必須

紅葉シーズンの常寂光寺は凄い人混みです。
さらに常寂光寺は山の斜面に沿って建物が建てられていので、立ち止って紅葉を眺めることができる平地スペースがあまり無いです。

座る場所もあまり無くて、ずっと山の斜面をギュウギュウ詰めになりながら移動しないと駄目でした。
なので足腰の弱い方は非常に辛いと思います。

紅葉は文句無しで美しくても、落ち着いて紅葉を楽しむことは不可能だと思います。
拝観料を払う前に、まずは深呼吸をして気合いを入れて境内に入りましょう。

二尊院の紅葉の馬場
二尊院の混雑状況レポート|紅葉シーズン以外はガラガラ ▲二尊院の総門 二尊院の混雑状況レポート こんにちは。 今回は二尊院の混雑状況レポートです。 二尊院は嵐山エリア...

初夏の常寂光寺
▲夏の常寂光寺は人がいない。

紅葉シーズン以外は誰もいない

私は常寂光寺には紅葉シーズンと夏に行ったことがあります。
夏に行った時は紅葉の時とは別世界で、境内は緑いっぱいの光景でした。

常寂光寺は苔の美しさも素晴らしくて、新緑の頃は爽やかな緑色が境内を埋め尽くし、紅葉の時期とは違う美しさに感動しました。

さらに新緑の頃や夏は観光客も少なくて、静かな落ち着いた時間を過ごすことができます。
もしも紅葉の時期もこんなに人がいなかったら、どんなに素晴らしいだろうかと。。。

でも私も観光客の一人なので、あまり愚痴を言う資格は無いのですが。(^^;)
混雑が嫌いな方は紅葉シーズン以外に行くのがおすすめですし、紅葉シーズンに行くなら早朝しかないと思います。
早朝が無理なら気合いを入れてから突入しましょう。

常寂光寺への行き方

京都駅からJRで嵯峨嵐山駅で降りた後、徒歩20分ほどで到着できます。
多くの方は嵯峨嵐山駅を降りてからすぐに常寂光寺には行かないと思います。

まずは渡月橋を見て、天龍寺、竹林を通った後に常寂光寺へと回り道しながら行くことをおすすめします。

また嵐山は京都でも屈指の観光地ですので、そこら中に案内板がありますので迷うことも少ないと思います。
(京都駅から嵯峨嵐山駅まで乗車時間:17分 乗車賃:240円)