京都グルメ

洛匠の草わらび餅|京都駅の伊勢丹地下1階で買えた。

洛匠の草わらび餅

洛匠外観
▲洛匠の外観

洛匠の草わらび餅は京都駅で買える

こんにちは。
今回は洛匠のわらび餅が京都駅で買えたことについて記事にしました。

洛匠(らくしょう)はわらび餅が美味しいことで有名なお店。
高台寺の隣にある本店の前を通ると、お店の前に行列ができていることも多い人気店です。

洛匠は旅行雑誌で紹介されることも多いですし、八坂神社から清水寺に向かう途中にお店があるので、偶然お店の前を通って「何のお店の行列だろう?」と気になった人も多いと思います。

そんな人気のわらび餅が京都駅の伊勢丹地下1階で買えました。
行列に並んで食べるしかないと思っていたので、伊勢丹地下で洛匠のわらび餅が売っているのを見つけた時は「え~っ!?京都駅で買えたの!?」と声を出してしまいました。

遊形サロン・ド・テのわらび餅
京都わらび餅|移住者が選ぶオススメのお店リスト ▲亀屋則克のわらび餅 京都のわらび餅を移住者の私が好きな順に紹介 こんにちは。 今回は京都のわらび餅を私の好きな順に紹介し...

洛匠の草わらび餅
▲草わらび餅

洛匠のわらび餅は美味しかった。当然だけど。

洛匠のわらび餅を食べられる日はもっと先のことだと思っていたので、急に食べられる日がやってきて幸せです。

さっそく洛匠の感想を言うと。
「美味しい!行列ができることにも納得」
「また食べたい!」
と思いました。

まず箱を開けると驚きが待っていました。
きな粉が箱一杯に詰まっているんです。
「化石でも発掘するのか!?」と思いながらわらび餅を掘り起こします。笑

洛匠のわらび餅
▲きな粉たっぷり

きな粉がたっぷりのわらび餅に笑みがこぼれちゃう

わらび餅は中身にあんこが入っていないタイプ。
私は最近では中にあんこの入ったわらび餅を食べることが多かったので、洛匠のわらび餅は新鮮に感じました。

私は草わらび餅と普通のわらび餅を購入しました。
どの味を買うか悩んでいる人がいたら、私は草わらび餅をオススメします。
普通のわらび餅は不味くはないけど、他のお店でも食べられるレベルと思いました。
せっかくなら草わらび餅のほうが良いと思います。
シンプルに美味しいですしね!

もしくは他に黒蜜わらび餅がありましたので、次回はこちらを購入してみたいです。

洛匠わらび餅プレーン
▲プレーン味

伊勢丹地下1階で買える

さて。
伊勢丹の地下1階は京都のお土産を買うことができます。
有名な和菓子屋さんやお菓子屋さん、漬物屋さんなど京都の有名なお店はほとんど集まっています。
そんなデパ地下の一角に、ひっそりと洛匠のわらび餅が売られています。

正直に言って全く目立たない場所に売り場があるので、探すのは大変です。
洛匠の前を2回くらい気付かずに通り過ぎていました。(^^;)
お店のスペースも幅1mほどしかなくて、店員さんもお一人だけで、わらび餅を保冷するためのガラス張りの冷蔵庫があるだけです。

この簡易的なお店の雰囲気は、観光シーズン限定で伊勢丹に出店しているのかもしれませんね。
売上が良くなければ、すぐにでもお店の出店が終了してしまいそうです。

有名で大手の和菓子屋さんはお店の看板や暖簾を掲げているので、遠くからも売り場がわかりますが、洛匠は目立つ看板を掲げていませんでした。
洛匠の写真を冷蔵庫の上に飾っているだけでした。(^^;)
売る気があるのか?わかりません。笑

洛匠草わらび餅
▲草わらび餅

京都駅八条口キヨスクでも買える

場所は仙太郎という和菓子屋さんの向かい側にありまして、色んなお店が所狭しと密集している中の一角でわらび餅が売られていました。

洛匠のホームページを見ると、京都駅では八条口のキヨスクでも売っているようです。
キヨスクで売ってるなら、とても手軽に買えちゃいます。
全く知りませんでした。
今まで食べたいのに我慢してたのが馬鹿みたいです。笑
生八つ橋に飽きた人には京都土産としてオススメです。

洛匠(伊勢丹)へのアクセス方法

伊勢丹は京都駅と直結していますので、伊勢丹の入ったらエスカレーターで地下1階フロアに向かいましょう。