京都グルメ

甘春堂|江戸時代から続く大仏餅がおすすめ。

甘春堂川端通

甘春堂店構え
▲甘春堂外観(正面通り側)

甘春堂で豊臣秀吉が建てた大仏に思いを馳せる

こんにちは。
今回は甘春堂に行ってきました。

京阪七条駅からほど近く。
豊国神社前から始まる正面通りと鴨川が交わる交差点に甘春堂はあります。

本当は七条通り沿いにある甘春堂に行くつもりでしたが、お店の手前で同じく甘春堂と書かれた看板と老舗らしい暖簾を偶然見つけました。
老舗らしい雰囲気は、「きっと甘春堂の本店かな?」と思ってお店に入ると、まさかの別のお店であることが発覚!

「名前が同じで別のお店?ややこしいー!?」と思いつつ、せっかくなので和菓子は買いました。

甘春堂の感想

①京大仏餅は美味しい
②他はまぁまぁ
③暖簾分けした七条甘春堂のほうが儲かってそう

甘春堂大仏餅
▲大仏餅 京大佛と焼き印されている

江戸時代から変わらぬ味 大仏餅

甘春堂で大仏餅を買ってみました。
「江戸時代から変わらぬ製法と味」とのこと。
どんな味なのか気になり過ぎて購入です。♪

食べてみると。
やわらか~いお餅が美味しくて幸せ。
よく伸びます。♪
そして中身はこし餡がたくさん詰まっています。

シンプルな和菓子ですけど、意外と京都ではこのタイプのお餅は売っていない気がします。
もっと見た目も色鮮やかで、上品で嗜好に凝った京都らしい和菓子はたくさんあるのですが。。。

たまには「素材の味を楽しむ!」ような素朴な和菓子を食べたいと思っていたのです。笑
だから甘春堂の大仏餅は余計に美味しく感じました。

甘春堂の上生菓子
▲上生菓子
甘春堂の栗餅
▲栗餅

他にも上生菓子も種類豊富。

他には見た目が黄緑で綺麗だった上生菓子と栗の入った栗餅を買ってみました。

上生菓子は見た目が綺麗なだけで、味は美味しくなかったです。
中身が白餡やこし餡なら良かったのに、クセの強い変な味の餡で不味い。。。
黄色で変な味で、いったい何なんでしょうか?(^^;)

甘春堂の栗餅
▲栗餅の中身

栗餅は名前の通りで栗をこし餡とお餅で包んであります。
お餅も柔らくて美味しく頂けました。
私は大仏餅のほうが美味しくて気に入りました。

豊国神社参道
▲正面通は豊国神社から始まる

正面通りにお店があることが魅力

甘春堂の店前を通る正面通りは豊臣秀吉が作った道です。
正面通りが始まる豊国神社の土地に、昔は秀吉が建てた方広寺がありまして、奈良の東大寺の大仏よりも大きな大仏が建てられていました。

残念ながら火災により現在は残っていないですが、大仏が現存していた時は多くの人や観光客が訪れていました。
その当時から大仏餅が美味しいと、大仏を見に来た人達の間で評判だったそうです。
そんな歴史を知ると、大仏餅はただの餅とは思えない感慨深さも感じてしまいます。

甘春堂川端通
▲川端通側の入口

暖簾分けした七条甘春堂のほうが本家感がある

ところが当時は秀吉の大仏を見るために多くの人の行き来があった正面通りですが、現代ではあまり人が歩いていません。
秀吉が建てた大仏もないですし、、、

正面通りの1本南側の七条通りのほうが人通りも多くて活気があります。
そして七条通りには甘春堂から暖簾分けした七条甘春堂が店を構えています。
明らかに立地が七条甘春堂のほうが良いし、目立ちます。笑

七条甘春堂店構え
七条甘春堂|三十三間堂の向かい側にある和菓子屋さん ▲七条甘春堂入口 七条甘春堂で和菓子 こんにちは。 今回は七条甘春堂に行ってきました。 京阪七条駅から三十三間堂...

多くの人にとって甘春堂と言えば、七条甘春堂のことを思い描くことでしょう。
私もそうでした。笑
でも本家というか本店というか、江戸時代から変わらない場所にお店を構える甘春堂のことを忘れないで下さい。

甘春堂本店への行き方

京都駅から京阪七条駅までは三十三間堂行きのバスで向かい、七条駅から鴨川沿いを北へ歩くと「甘春堂」と書かれた看板が印象的なお店が見えてきます。