京都の歴史修学旅行レポート

崇徳天皇は本当に怨霊なのか?修学旅行レポートを提出します。

白峯神宮鳥居

白峯神宮石碑
▲白峯神宮境内にある石碑

崇徳天皇は史上最悪の怨霊なのか。

こんにちは。
今回は日本史上最悪の怨霊と呼ばれる崇徳天皇について記事にしました。

崇徳天皇(すとく天皇)と聞いて、「あ~あの人ね。」と頭に浮かぶ人はどれ程いらっしゃるでしょうか?日本人なら学校の歴史の授業で必ず一度は目にしたことのある人物です。

時代は平安時代末の保元の乱と呼ばれる朝廷内の権力争いの中心人物として登場します。
朝廷が後白河天皇と崇徳上皇の2派に別れて、後に鎌倉幕府を設立する源頼朝の父親にあたる源義朝と、平氏の棟梁である平清盛のような武士達が表舞台に進出するきっかけになった出来事が保元の乱でした。

崇徳天皇肖像画
▲崇徳天皇肖像画 wikipediaよりお借りしました。

崇徳天皇の名前を憶えている人は少ないはず。

結果は後白河天皇側が勝利を収めたので、敗者の崇徳天皇は京都から四国の香川県に追放されてしまい、その後に平治の乱が起きると平清盛が政治を動かすようになり、さらに平清盛は源頼朝によって倒されて鎌倉幕府が設立する流れを学校の授業で習いました。

学校の教科書では大きな歴史の流れを習うのですが、負けた崇徳天皇は京都から田舎の香川県に追放されたことを死ぬまで恨み続けて、自分が死んだらあの世から人々を呪い続けてやると言って亡くなったと言われています。

そして実際にその後に後白河天皇の周りの方々が次々と亡くなったことで、世の中の人は崇徳天皇の怨霊を真剣に恐れました。
その影響により崇徳天皇は日本の歴史上で最も恐ろしい怨霊として知られるようになったのです。

そして京都には崇徳天皇の怨霊を鎮めるための神社がいくつかありまして、今回はそのうちの一つである白峯神宮を訪れたので、崇徳天皇の怨霊について修学旅行のレポート風に記事にしてみました。
白峯神宮鳥居
▲白峯神宮の外観

なぜ保元の乱はおきたのか?

学校の授業ではとにかく保元の乱と平治の乱が教科書で太字で書かれており、テストで出るから保元の乱の勝者と敗者を機械的に暗記したのですが、そもそもなんで保元の乱はおきたのでしょうか?

保元の乱は後白河天皇と崇徳上皇派による権力争いであり、源氏や平氏といった武士達が世の中の主役に踊り立った出来事だと習った記憶があります。では後白河天皇と崇徳上皇は何が原因で対立したのでしょうか?
崇徳天皇家系図

もし現代だったらベッキー不倫騒動以上のスキャンダルがきっかけ

後白河天皇と崇徳上皇は兄弟ですが、二人の曽祖父である白河天皇に原因がありました。現代では非常識ですが、天皇や貴族や武士などの位の高い人には妻が何人もいることが常識となっていました。

なぜなら優れた人の子孫は絶やすことなく残すことが重要だと考えられていたからです。そのため白河天皇だけでなく、孫の後白河天皇も崇徳天皇も奥さんは複数いました。

ある時に白河天皇は一人の女の子を側において可愛がっていました。いづれはその女の子を自分の子供の妻にする予定だったと言われていますが、その女の子が成長して大人になると白河天皇は自らその子と肉体関係を持つに至りました。

スポンサードリンク

白峯神宮本殿
▲白峯神宮本殿

そこまでの話なら当時の社会ではよくある話だったのですが、白河天皇はその娘を自分の孫である鳥羽天皇、つまり後白河天皇と崇徳天皇の父親の奥さんにしてしまいました。

それだけでも「えっ!?そんなのあり?(^^;)」と驚いてしまうのですが、さらに白河天皇はその女性が正式に鳥羽天皇の妻になってからもその女性と肉体関係を続けてしまいまして、ついには子供までできてしまいました。

しかし世間的にはその子供は鳥羽天皇とその女性の子供として認識されていたのですが、鳥羽天皇はその子供が自分の子供でなく、曽祖父の子供であることを知っていました。

そのため鳥羽天皇はその子を曽祖父の子供だから「叔父子」と呼んで全く可愛がることはありませんでした。そしてその叔父子こそが崇徳天皇なのでした。
白峯神宮拝殿
▲白峯神宮はサッカーの神様としても信仰されている。

悪いのは白河天皇の女癖

世間的には崇徳天皇は鳥羽天皇の長男という位置付けなので、鳥羽天皇の次の天皇になりました。しかし鳥羽天皇はそのことに不満を持っており、崇徳天皇の次の天皇には本当の自分の子供に継がせたいと思っていました。

そのため曽祖父の白河天皇が亡くなったタイミングで鳥羽天皇が行動に出ます。崇徳天皇を天皇の位から外して、自分の子供である近衛天皇を天皇にしました。
さらに近衛天皇の次は後白河天皇とその息子である二条天皇に位を継がせることを決めたので、崇徳天皇の子供は天皇になることがなくなりました。

崇徳天皇は自分の子供を次の天皇にしたいと思っていたので鳥羽天皇のやり方に大きな不満を持ちます。ここに貴族の藤原家の権力争いも加わり、後白河天皇派と崇徳天皇派による誰が次の天皇になるかを争う保元の乱が勃発したのでした。

結果は学校の授業で習った通り、後白河天皇が勝利を収めました。
後白河天皇派には平清盛と源義朝がいました。これが保元の乱がおきた理由になります。
白峯神宮の鳥居
▲一の鳥居

讃岐(現在の香川県)で崇徳天皇が亡くなると後白河天皇周辺で不吉なことが起こり始める。

保元の乱に敗れた武士や貴族達は死刑や左遷を言い渡され、崇徳天皇は四国の香川県に追放されたまま、一度も京都に戻ることなく亡くなりました。
しかし崇徳天皇が亡くなると京都では不吉なことが起こりました。

後白河天皇の側にいる人が次々と亡くなったり、飢饉や都で大火災が起きるなど不幸が続きました。そのため世間の人達は崇徳天皇が怨霊となって人々を苦しめているに違いないと、崇徳天皇の存在を恐ろしく感じるようになりました。

崇徳天皇の怨霊を最も恐れたのは保元の乱の勝者である後白河天皇だったので、すぐさま崇徳天皇の怨霊を鎮めるために神社を建設したり祈禱などを行いました。香川で亡くなった崇徳天皇のお墓も国がお金をかけて整備までしました。これにより崇徳天皇の怨霊の存在が世間に強く印象に残りました。
崇徳天皇怨霊
▲崇徳天皇の怨霊 wikipediaよりお借りしました。

江戸時代になると大々的に怨霊として有名になる。

現在のように日本史上最悪の怨霊と呼ばれるようになったのは江戸時代になってからと言われています。
江戸時代になると徳川家康の強固な江戸幕府が設立されたことで戦争が減り、世の中が平和になったことで多くの庶民が趣味や娯楽を楽しめるようになりました。

そうした楽しみとして歌舞伎や狂言や浮世絵などの絵画や物語などが普及し、その中で崇徳天皇が怨霊として世の中を恐怖に落とし入れる物語が流行りました。

有名なエピソードとして、香川県に追放された崇徳天皇は罪を許して貰うため、反省の意味も込めて、仏教の経典を写経して京都のお寺に納めて欲しいと朝廷に願いました。しかし朝廷はそれを受け取ることなく崇徳天皇に突き返します。

これに崇徳天皇は怒り、自分の舌を噛み切るとその血によって自分は大魔王となって人々を苦しめることを書き出しました。また自分が死んだ後はあの世から朝廷を恨み続け、不吉な出来事を起こし続けてやると誓いました。

その日から崇徳天皇は髪や爪を切る事を止めて、妖怪の天狗となって怨霊となったのでした。
そのため現代で言うところのホラー映画や怪談話のような形で人々の間で語り継がれ、ある意味多くの人に楽しまれたとも言えるのです。

スポンサードリンク

怨霊とは何か
▲怨霊とは何か

実際の崇徳天皇は讃岐でどんな生活を送っていたのか?

最近「怨霊とは何か」という本を読んだのですが、この本の中で崇徳天皇の怨霊のことについて記載がありました。
ざっくり言うと、実際の崇徳天皇は香川県に追放された後は静かな生活を送っていたようです。

崇徳天皇は怨霊として有名ですが、一方で当時から歌人としての才能に溢れた人として有名であり、多くの歌が現在まで残っています。
そして香川の地で残した歌の中には、恨んでいるような言葉を使った歌が無いそうです。
都へ戻りたいという気持ちを表した歌は残っているのですが、死後に世の中を恨み続けるというような表現が存在しないそうです。

また自分の血で書いた手紙や文章も残っていないことから、崇徳天皇を怨霊として祀り上げたのは崇徳天皇の派閥だった人達が復帰するために流した噂だったのではないかということでした。
白峯神宮サッカーの神様
▲たくさんのボールが奉納されている。

現在の白峯神宮はサッカー、球技の神様として人気に。

現在の京都には白峯神宮という崇徳天皇が祀られた神社があります。
明治時代に現在の地に建てられたのですが、現在は崇徳天皇が祀られていることよりもサッカーや球技の神様として多くの人に信仰されています。

白峯神宮のある土地には神社が建つ前には蹴鞠の上手い飛鳥井家の土地だったことから、現在では球技やサッカー、スポーツをする人にご利益があると言われており、部活動に励む学生やプロスポーツ選手も必勝祈願で参拝に訪れる神社となっています。

そりゃ。。。
日本史上最悪の怨霊が祀られている神社になんかわざわざ参拝したくないですよね。

でも崇徳天皇が本当に世の中を恨み、人々を苦しめようと思っていたかどうかは今となっては誰にもわからない。

スポンサードリンク

白峯神宮へのアクセス方法

京都都から市営地下鉄で今出川駅で降りた後、徒歩で約10分ほどで着くことができます。

白峯神宮を見終わった後は、今出川駅まで戻って京都御所や足利義満が建てた相国寺、また今出川駅から歩いて15分ほどで世界遺産の下鴨神社まで足を伸ばすことをおススメです。