京都グルメ

京都五行|焦がし醤油麺が塩辛すぎて完食できず。涙

京都五行焦がし醤油麺

京都五行焦がし醤油麺
▲五行の焦がし醤油麺

京都五行の焦がし醤油麺が塩辛過ぎる

こんにちは。
今回は京都の五行でラーメン食べてきました。

私は五行(ごぎょう)の前を通る度にお客さんがお店の外で並んでいる光景を見てきたので、ずっと食べに行きたいと思っていたお店です。

いきなり結論を言わせて頂きます。
「なぜ人気なのか意味わからん!」でした。(^^;)

京都五行焦がし醤油麺
▲スープが真っ黒。

いつも行列なのが謎

私が注文するメニューを間違えてしまったのでしょうか。。。
「焦がし醤油ラーメン(890円)」なるものを頂いたのですが、塩辛すぎて食べ切れませんでした。

食べている途中で「海水かよっ!!」ってツッコミを入れてしまいました。
半分も食べてないです。。。途中で箸を置いてしまいました。

めっちゃ五行で食べるのを楽しみにしていたのに。
結構ショック。。。(-_-)

京都五行店内
▲店内

店内はらーめん屋さんの常識を覆すオシャレな空間

五行の店内はオシャレだ。らーめん屋とは思えない。
普通にお酒と美味しいご飯を頂くことができる人気店のようなのだ。

メニューを見てみると、ラーメンだけを食べるのではなく、お酒を飲みながら一品料理を食べて、最後にラーメンで〆ることをオススメしています。
さらに五行は博多豚骨ラーメンで有名な一風堂が別ブランドとしてお店を展開していることも初めて知りました。

つまり五行とは、
一風堂とは違う雰囲気で、あえてオシャレに、そしてラーメンだけ食べて終わりじゃなく、お酒も料理も楽しんで下さいという新しいラーメン屋のスタイルを私達に提案している革命的なお店なのです!

京都五行焦がし醤油麺
▲チャーシュー美味しい

でも海水飲みに来た訳じゃない!

でも焦がし醤油ラーメンは塩辛すぎて最後どころか、半分も食べられなかったんだ!怒
このご時世、ラーメン頼んで不味くて半分も食べられないことなんて滅多にないぞ。
最近はどこもかしこも、そこそこ美味しいよ。

私の口に合わなかっただけなのか。
ただそれだけのこと。残念過ぎる。(*_*;

白髭神社鳥居
▲琵琶湖の白髭神社から。淡水の爽やかさで塩辛さを忘れるのだ。

本当に女性も満足できるのか?

私が五行を訪れた時には女性のお客さんもいました。
でも皆さん彼氏さんと来ていましたね。
女性だけでらーめん屋に入るのは普通は少し抵抗あると思うので、多くの女性は彼氏に連れて来て貰っているのかなと思います。

たまたまだと思いますが、その時の彼氏さん達は皆さんオラオラ系の人でした。
彼女さんのことも考えて、オシャレな五行を選んでくれたのだと思います。
でも私と同じように五行のラーメンを食べて塩辛過ぎると思う彼女さんは他にも絶対にいると思うのです。

たまたまだと思うのですが、その時の彼女さん達は無理して食べているように見えてしまったのです。
せっかく彼氏さんがオシャレなお店を選んでくれたのだから、「このラーメン海水じゃね?」なんて言える訳ないのです。

う~ん。
私と同じ意見の人、絶対いると思うな~。

五行へのアクセス方法

京都駅から五行へは地下鉄に乗って四条駅を降りてから徒歩10分ほどで到着します。
柳馬場通りと蛸薬師通りの交差点近くにお店があります。
(京都駅から四条駅まで。乗車時間:3分。乗車賃:210円)