京都グルメ

すし善のちらし寿司|錦糸玉子で埋め尽くされた謎ちらし

すし善暖簾

すし善の外観
▲すし善の店構え

すし善でちらし寿司を食べてきた感想

こんにちは。
今回は三条通りにある「すし善」に行ってきました。

すし善は烏丸御池から徒歩5分ほどの三条通りにあるお寿司屋さんです。
私がすし善さんに行こうと思ったのは、雑誌でちらし寿司が紹介されていたから。

ちらし寿司なのに錦糸玉子で埋めつくされた見た目がインパクトあり過ぎて、いったいどんな味なのか気になってお店に行って来た次第です。笑

さっそくちらし寿司を食べた感想を言うと。
「見た目が面白いし、まぁまぁ美味しい。」
「他のお寿司の値段がリーズナブルなのが嬉しい!」
と思いました。

すし善のちらし寿司
▲ちらし寿司
すし善のカウンター席
▲カウンター席

地元の人だけでなく外国人観光客も利用

私がすし善さんの存在を知ったきっかけは雑誌でしたが、さらに食べログなどで口コミを検索すると高い評価を獲得しているので、ますます行ってみたいと思っていました。

私がお店に行ったのは土曜日のお昼1時半くらい。
お店には外国人観光客のカップルが1組いるだけで、私はカウンター席に座りました。

すし善のあるエリアは最近になってホテルが5,6件は開業しており、外国人観光客が道を歩く姿が激増中です。
すし善はお店の見た目も他の建物に比べて和風って感じですし、日本料理と言えばSUSHIということで外国人観光客もよく来るみたいです。(^-^;

すし善のちらし寿司の玉子の下
▲玉子をめくると海鮮

京都らしいちらし寿司

お店に入る前からちらし寿司を注文することを決めていたので、席に着くなりちらし寿司を注文しました。
カウンターに座ったので目の前でお店の人がちらし寿司を作っている姿を見ることができました。
そして目の前で錦糸玉子が山盛りに盛られている光景には笑いました。笑

本当に見た目は玉子丼って感じで、何も知らない人が見たら注文間違えたと怒るかもしれないレベルです。
なんでこうなったのか謎ですけど、面白い体験できたということで良しとしましょう。

すし善のちらし寿司
▲玉子の下は海鮮のボリュームたっぷり。

なぜ海鮮の上に玉子で埋め尽くすのか?

さっそく山盛りの錦糸玉子を掘り返して、お刺身とご飯を頂きます。
お刺身はがっつりとタレで味付けされているのが意外でした。
京都と言えば、薄口で素材の味を楽しむみたいなイメージを持っていたからです。

でも美味しく頂きました。(^^♪
なんか京都らしいって感じました。
玉子も一緒に食べることを考えたら、味が濃いほうが良いということですね。

ちらし寿司以外の普通のお寿司の値段もそこまで高くないので、非常に良心的なお寿司屋さんだと思います。
是非また利用したいと思います。

すし善メニュー
▲メニュー

美味しい刺身が食べたい人が難民化する街。京都

生意気ながら言わせて頂きますと、京都はお刺身が美味しくないです。
本当です。はっきり言って。
これは私だけの意見ではなく、他県から京都に来た多くの人が思うことです。
悩みです。不満です。

もちろんお金を出せば美味しい刺身は食べられますが、普通の会社員が普段でも行けるようなお店は少なく、刺身好きの人から教えて貰うとか、ネットで検索しまくる等、工夫して探す必要があります。
気軽に入った初見のお店の刺身が美味しい可能性は非常に低いでしょう。

そういう土地柄の中で、すし善さんの良心的な値段は貴重です。
めっちゃ新鮮で美味しい訳ではありませんが、この値段なら全然満足できる美味しさです。
これは決してすし善さんのことを悪く言ってるのではなく、感謝しているのです。
良心的な値段で美味しい刺身を食べることがめっちゃ難しいの。京都は!マジで!
刺身が好きな方なら絶対にわかってくれると思います。

すし善への行き方

すし善は烏丸御池駅から徒歩5分ほどで行くことができます。
烏丸御池交差点を南へ歩いて、三条通りを西へ行くとお店があります。

三条通りは大垣書店やスタバが目印の通りで、西へ行くと医療専門学校やコンビニのファミマが見えると思います。
すし善は医療専門学校とファミマの間にあります。

京都駅から行くなら地下鉄に乗って烏丸御池駅で降ります。
(京都駅から烏丸御池駅まで乗車時間:5分 乗車賃:210円)