京都グルメ

森林食堂|カレーは美味しいけどお店のクセがすごい!

森林食堂チキンカレー

森林食堂外観
▲森林食堂の見た目

森林食堂のカレーはクセがすごい!

こんにちは。
今回はカレー屋さんの森林食堂に行ってきました。

二条駅から徒歩15分ほどの住宅地の中に森林食堂はあります。
なぜこんな場所に京都で1番美味しいとの呼び声の高いカレー屋さんがあるのか!?
私のように観光で京都に来る人間にとっては不思議。

さらに森林食堂の前に来たらビックリ。
お店の雰囲気が独特!
これは人によっては苦手な人もいるに違いない。
どう考えても店主さんは個性の強い人に間違いない。笑

さぁ!
お店の前にある観葉植物をかき分けてお店の中へ。

最初にカレーを食べた感想を言いますと。
「確かにめっちゃ美味しい!また食べたくなる中毒性あり。」
「とにかくお店のクセが強い! 笑」
と思いました。

森林食堂観葉植物
▲観葉植物がお待ちかね。
森林食堂店内
▲入口を開けると別世界へ。

店内からメニューまで独特過ぎる

カレーが美味しいのはわかりましたけど、カレー以外のお店の内装や雰囲気のクセがすごい!
壁は原色のグリーンに塗られ、天井には謎の物体がウジャウジャ吊られている。

パッと足元を見たら、生きてるのか死んでるのかわからない犬が寝てる。笑
キッチンの壁も原色グリーンで、色んな置物がそこらじゅうにあってカオスな状態。
「本当にこのお店が美味しいの!?」と不安になりました。

でも確かに店内には美味しそうなカレーの匂いが漂っています。
一瞬帰ろうかと思いましたが、親しみやすいお姉さん店員さんに案内されて覚悟を決めた。

森林食堂キッチン
▲キッチン
森林食堂メニュー
▲メニュー

カオスから生まれた京都一美味しいカレー

メニュー表も手書きで読みづらい。笑
何か色々書いてあって読みにくい。笑
メニューもクセがすごい!

でも店内には美味しそうなカレーの匂いと、他のお客さんが満足そうな顔をしてカレーを食べているから期待は高まる。

私は長期熟成鶏のチキンカレーと猪カレーを合いがけ注文。
そして恐る恐るカレーを食べた。

森林食堂チキンカレー
▲左側がチキンカレーで右側が猪カレー

また食べたくなる中毒性カレー

「あっ!美味しいコレ!笑」
最初の一口を食べたら後は幸せな時間がやってきました。

「めっちゃ美味しいコレ!」
カレーを食べる前の不安が逆にスパイスになってる。
わざと癖の強い店内を演出して、不安をスパイスにするという計算されたカレーなのか!?

森林食堂長期熟成鶏チキンカレー
▲チキンカレー
森林食堂猪カレー
▲猪カレー

誰もが好きになるカレー

「やばい!たまらなく美味しい!笑」
こういうカレーを何カレーと呼ぶのかジャンルがわかりませんが、また食べたくなる中毒性があります。
独特で初めて食べるカレーの感じでした。

すごくオリジナリティがあって美味しいカレーでした。
本当にまた来たいと思います。

森林食堂への行き方

JR二条駅から徒歩15分ほど。
ただし住宅密度の高いエリアにお店があるので、おそらく迷うでしょう。笑
もう地図を見て自力で頑張って下さいと言いたいです。
説明できないです。。。

京都駅から行くならJR嵯峨野線に乗って二条駅で降りてから徒歩です。
(京都駅から二条駅まで乗車時間:7分 乗車賃:190円)