京都グルメ

茶洛のわらびもち|わらび餅は飲み物?常識を覆すお店

茶洛のわらび餅

茶洛のわらび餅
▲茶洛のわらび餅

茶洛のわらび餅を食べてきました。

こんにちは。
今回は「京わらびもち 茶洛」に行ってきました。

お店の名前の通り、わらび餅の専門店。
京都特集が組まれた雑誌などで紹介されていることも多い有名店です。

京都にはわらび餅が美味しいお店が数多くありますが、茶洛のわらび餅は他のお店には無い特徴があります。
その特徴とは口に入れた瞬間に、わらび餅が溶けていくスピードです。
私個人的には京都で一番のくちどけの早さだと思います。

遊形サロン・ド・テのわらび餅
京都わらび餅|移住者が選ぶオススメのお店リスト ▲亀屋則克のわらび餅 京都のわらび餅を移住者の私が好きな順に紹介 こんにちは。 今回は京都のわらび餅を私の好きな順に紹介し...

茶洛の店構え
▲店構え

わらび餅は飲み物だ

茶洛のわらび餅を食べると「わらび餅は飲み物である」と言いたくなるんです。
逆に口の中でこんなに早く溶けていいのかなと不安になりました。

わらび餅は名前の通り、お餅のはずです。
しかし茶洛のわらび餅はお餅の常識を覆す、新しいわらび餅なのです!笑

茶洛のわらび餅
▲わらび餅

素人のわらび餅好きが極めた、溶けるとコシのバランス

茶洛の店主さんは小さい頃からわらび餅が大好きで、食べるだけにとどまらずに自分が思う美味しいわらび餅を作り続けてきたそうです。
その情熱は大人になっても消えることなく、ついには自分でお店を開業!

世の中の人気和菓子屋さんは、有名な和菓子屋さんで職人として修行を積んだ後に独立することが王道かと思うのですが、茶洛の店主さんはどこかで修業をすることなく完全に独学でお店を開く強者です。

だからこそ普通のわらび餅の常識を超えた茶洛のわらび餅が生まれたのだと思います。
お餅のコシを限界まで維持しつつ、口に入れた瞬間に溶けていく食感は茶洛でしか味わうことができません。
京都に来て、茶洛に行くしか味わうことができません。

茶洛わらび餅
▲ニッキ、抹茶、しょうが味の3点セット

茶洛のわらび餅は賛否両論!

口の中で溶けるわらび餅は茶洛の最大の特徴ですが、わらび餅好きの中では賛否両論と意見が分かれています。
主な批判の意見は、「こんなのわらび餅と呼べない」です。
口の中で溶けるのは良いが、そもそも餅であることを忘れているなどです。

私個人的には茶洛のわらび餅を支持します。
色んなタイプのわらび餅があって良いと思うからです。
人によって好みは違いますし、自分が美味しいと思うならそれが正解です。

それに茶洛の主人の、自分が思う好きなものを追求し続ける姿勢を凄いと思うのです。

茶洛へのアクセス方法

京都駅から茶洛へはバスで行くのが楽だと思います。
茶洛の近くには陰陽師で有名な安倍清明を祀る清明神社がありますので、清明神社観光するなら、わらび餅も一緒に食べてみるのもオススメです(^^)/

京都駅から茶洛へはバスで堀川今出川駅まで。乗車時間:25分 乗車賃:230円