京都グルメ

麩嘉錦市場店|事前予約不要で生麩を買えるお店

麩嘉錦市場店外観

麩嘉錦店の外観
▲麩嘉錦店の外観

麩嘉錦店で麩饅頭と生麩を買う

こんにちは。
今回は麩嘉の錦市場店に行ってきました。

麩嘉(ふうか)は麩の専門店。
麩のお店としては、おそらく京都で一番の有名店です。

麩嘉本店は京都府庁のそばにありますが、事前予約が必要です。
でも錦市場店は事前予約なんて不要!

いつでも気軽に麩を買いに行けるところが良いですね。

麩嘉錦市場店の感想

①正直、麩饅頭は美味しくない。
②麩は焼いたほうが美味しい
③最初に麩に田楽味噌つけて食べることを考えた人は天才

麩嘉店構え
麩嘉本店は事前予約必須|麩まんじゅう人気店 ▲麩嘉本店 麩嘉本店で麩まんじゅう こんにちは。 今回は麩嘉本店に行ってきました。 麩嘉(ふうか)さんは生麩専門店...

麩嘉の麩饅頭
▲笹の葉に包まれた麩饅頭
麩嘉の麩饅頭
▲海苔が練り込まれた麩が特徴

麩饅頭よりお餅のほうが美味しい

旅行雑誌で麩嘉の「麩饅頭」が紹介されてるのをよく見かけます。
名前の通り、麩の中にあんこが入った饅頭が麩饅頭です。

「お餅の饅頭と麩の饅頭はどっちが美味しいのか!?」
ワクワクしながら麩饅頭を食べた訳ですが。
勝負は一瞬で決着がついた。

やっぱりお餅の饅頭のほうが美味しい!笑
断トツで!
一度食べたら麩饅頭は十分!
もういらん!

亀屋則克暖簾
亀屋則克|浜土産以外の生菓子が美味しく上質でした。 ▲亀屋則克の店内 亀屋則克でわらび餅や生菓子買って下さい。 こんにちは。 今回は和菓子屋さんの亀屋則克に行ってきました。 ...

麩嘉の麩饅頭こしあん
▲中身はこしあん

私が麩饅頭を苦手に思う理由

麩嘉の麩饅頭は麩に海苔が練り込んでありまして、ほのかに磯の香りを感じます。
私はそれが苦手に感じました。(^^;)

こしあんの甘みを海苔が邪魔してるような気がします。
甘いものを食べる時に磯の香りを感じたくない。

せっかく京都らしい生麩を食べるのに、突然に海の景色が浮かんでくる。
せっかく麩嘉で買い物するなら、麩饅頭じゃなくて他の麩のほうが良いと思いました。

鯖寿司
さか井の鯖寿司|錦市場の隣で京都一美味しい鯖寿司 ▲さか井の鯖寿司 京都で一番美味しい鯖寿司「さか井」 こんにちは。 今回はお寿司屋さんの「さか井」に行ってきました。 ...

麩嘉のフーズ麩
▲フーズ麩6種類

生麩は焼くに限る

という訳で。
麩嘉では麩饅頭以外にも色んな麩が売ってまして。

その中で色んな味の麩が楽しめる「フーズ麩」を買ってみました。
胡麻麩、のり麩、パンプキン麩、バジリコ麩、キャロット麩、梅肉麩の6種類が1パックになっています。

すごいカラフルで美味しそうと思って買ってみたけど、これも失敗した。笑

メゾンドフルージュ行列
メゾン・ド・フルージュ|開店前に並ばないと売り切れ必須の苺のミルフィーユ ▲メゾンドフルージュ店構え メゾンドフルージュは開店前が最も混雑する こんにちは。 今回はメゾンドフルージュ(maison...

麩嘉のフーズ麩
▲フーズ麩

田楽味噌をつけて食べるのが一番美味しい

私は調理方法を間違えたようです。笑
フーズ麩をサッと煮て食べてみたのですが、この食べ方は美味しくなかったですね。

初めてお店で麩を食べた時は、もちもちの食感と美味しさに感動したのに。
自分で作ったら全然美味しくないではありませんか!

お店で食べた時と同じ様に、生麩は焼いて、田楽味噌をつけるべきだと反省しました。
煮ると余計に麩の独特なニオイを感じます。
せっかく買ったフーズ麩の良さは全て消えた。
サッと煮ただけじゃ駄目。

悔しいので次回は田楽味噌も買って、麩は焼いて食べようと思います。

麩嘉錦市場店への行き方

お店は錦市場の堺町通りにあります。
四条烏丸交差点から四条通を通り、野村証券で北に曲がると麩嘉に行くことができます。
(京都駅から四条駅まで乗車時間:3分 乗車賃:220円)

麩嘉錦市場店外観
▲錦市場に面してお店があります。

錦天満宮前
錦天満宮の歴史を修学旅行レポートとして提出致します。 ▲錦天満宮は商店街の中にある。 錦天満宮の歴史を修学旅行レポートとして こんにちは。 今回は錦天満宮の歴史について記事にし...
千枚漬本家大藤暖簾
千枚漬本家大藤|千枚漬の生みの親 ▲千枚漬本家大藤の店構え 千枚漬本家大藤で甘酸っぱい千枚漬けを。 こんにちは。 今回は漬物屋さんの大藤に行ってきました。 ...
初めての京都旅行オススメ
初めての京都旅行|移住者が日帰りおすすめコースをご提案します。 ▲清水寺本堂 初めての京都旅行 こんにちは。 今回は初めて京都旅行する方におすすめのコースをご紹介します。 私は...
湯波吉入口
湯波吉|錦市場の京湯葉専門店で生ゆば食い ▲湯波吉 湯葉吉ではなく湯波吉 こんにちは。 今回は湯波吉に行ってきました。 湯波吉(ゆばきち)は湯葉(ゆば)の...