京都グルメ

蕪村庵|両親も喜ぶ京都のあられ屋さん

蕪村庵暖簾

蕪村あられ春秋
▲蕪村あられ春秋。売れ筋No1ということで購入しました。

蕪村庵のあられを両親が喜んでくれた。

こんにちは。
今回は蕪村庵へ行ってきました。

蕪村庵(ぶそんあん)は、あられ専門店。
京都のあられ屋さんと言えば、全国的には小倉山荘さんのほうが知名度が高い気がします。
京都のお土産として小倉山荘の「をぐら山春秋」を人から頂くことが増えてきたので、個人的には京都のあられ屋さんと言えば小倉山荘のイメージです。

でも今回は蕪村庵です!
実家へのお土産として蕪村庵の「あられ春秋」を買おうと思ってお店に行ってきました。

さっそく感想を言うと。
「美味しい!今度は別の商品も食べてみたい」
「両親が喜んでくれたので良かった!」
と思いました。

蕪村庵の店構え
▲蕪村庵の店構え

食べる前から美味しいと思ってしまう京都の魔力。

あられを食べる前に思うことがあって、食べる前から既に美味しいと思っていました。笑

まず蕪村庵のお店の雰囲気にドキドキしてしまいました。
お店の周りはマンションやオフィスビルが建ち並ぶエリアなのですが、蕪村庵の店構えには独特な雰囲気があります。
地元の人にとっては当たり前なんでしょうが、私のような京都の外から来た人はお店の前を通ると「いったい何のお店だろう?」と必ず立ち止まること間違いなしです。
蕪村庵暖簾
▲暖簾

あられのお店と思えない雰囲気

店内は少し照明が暗くなっていて、一見すると何のお店なのかわかりづらい。
そしてよく見てみると、まさかのあられ専門店ということに驚きます。

この雰囲気であられ!?
どんだけ高級なあられが売られているのか!?とビビりました。

でもお店の商品棚を見たら、そこまで値段は高くなくて安心です。

蕪村あられ春秋
▲包装の雰囲気

あられなんておじいちゃん家でしか食べない。

あられなんて普段まったく食べない私。
あえて食べるとしたら実家に帰った時か、おじいちゃん家に行った時くらい。

あられと言えばその程度の付き合いしかない私にとって、蕪村庵のあられは驚きでした。
購入した「あられ春秋」は包装も美しい。
そして袋を開ければ、小ぶりで綺麗なあられがサラサラと。。。
思わずクスっと笑みがこぼれてきました。

可愛いあられ。
あられに対して可愛いと思う日が来るとは思わなかった。
もちろん味も美味しくて買って良かったです。

蕪村あられ春秋
▲蕪村あられ春秋

とにかく両親が喜んでくれて良かった

私が嬉しかったのは両親が喜んでくれたことです。
私と同じように見た目の美しさに驚き、あられの味も美味しいと満足してくれました。

京都のお土産として新たな選択肢を増やすことができました。
私は京都が好きでよく旅行に行くのですが、最近はお土産に困っているんですよね。
生八つ橋と阿闍梨餅という定番お土産には飽きたのです。笑

私自身が飽きただけでなく、勤め先の同僚や友人、両親も同じく飽きてしまったのです。
そうした中で両親が蕪村庵のあられを喜んでくれて嬉しかった。

また別のあられを買いに来たいと思いますし、京都には小倉山荘や他にもあられのお店があるので開拓していきたいです。

蕪村庵へのアクセス方法

蕪村庵は聖徳太子ゆかりの六角堂の前にお店があります。
京都駅から地下鉄に乗り四条駅で降りれば徒歩7分ほどで到着です。
(京都駅から四条駅まで乗車時間:3分 乗車賃:210円)